UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2015年03月28日(土)

UAEダービー(GII)ダ1900m

  • 【レース格】★★★
  • 【総賞金】200万ドル
  • 【開催競馬場】メイダン
  • 【勝馬】ムブタヒージ
  • 【騎手】C.スミヨン
  • 【トレーナー】M.デ・コック
見解

UAEダービー (UAE Derby) GII
UAE・ドバイ メイダン競馬場 ダート1900m
第4レース 17:55(日本時間22:55)発走

▼【結果】
優勝馬:ムブタヒージ(Mubtaahij)

現地時間3月28日(土)に、UAE・ドバイのメイダン競馬場で、3歳限定GII(南半球産4歳) UAEダービー(GII メイダン競馬場 ダート1900m)が10頭立てで行われた。

なお、今年からメイダン競馬場のメイントラックがオールウェザー(タペタ)コースからダートコースに変更となったことに伴い、UAEダービーもダートコース1900mの条件で行われている。

日本から出走した3頭は、ダートで3戦3勝と底を見せていないゴールデンバローズが2番人気という高い支持を集め、ディアドムスとタップザットはこれに少し離された6番人気タイという人気順となった。

スタートではタップザットがやや伸び上がるような格好となるが、すぐに体勢を立て直して果敢にハナを奪う作戦に出る。これをゴールデンバローズディアドムスの2頭が追いかけ、日本馬3頭が先団を形成。これに外からウルグアイ三冠馬のサーフィーバーが続き、前哨戦を快勝した1番人気のムブタヒージ (Mubtaahij)が好位のポジションを取り、3番人気のマフトゥール(Maftool)はスタートが一息で後方からの競馬となる。

レースはタップザットのペースで進むが、2番手につけたゴールデンバローズが再三行きたがる素振りをみせ、鞍上のR.ムーア騎手が必死になだめながらの追走となる。また1コーナーで、ディアドムスとサーフィーバーが軽く接触するアクシデントがあったが、大事には至らなかった。
ペースはそれほど早くはないが、1000m付近からマイジョニービーグッド(My Johnny be Good)とアルナジェムアルファイズ(Alnajem Alfaiz)の2頭がついて行けなくなり、早々に脱落。
3コーナー手前から各馬が早めに進出を開始し、ゴールデンバローズ、ディアドムス、サーフィーバーの3頭がハナを行くタップザットに並びかけ、4頭が横一線となりカーブを曲がる。
4コーナーに入ると、外のディアドムスとサーフィーバーの2頭が遅れ始め、タップザットとゴールデンバローズが先頭を行き、インの好位でガッチリと手綱を抑えていたムブタヒージが満を持して進出を開始する。

直線に入ると、前を行くタップザットとゴールデンバローズが競り合いながらスパートをかけるが、程なくして2頭のすぐ後ろにいたムブタヒージが外に進路を変え、馬なりで前に並びかけていく。
残り300mで鞍上のC.スミヨン騎手がゴーサインを出すと、ムブタヒージがこれに鋭く反応し、あっという間に2頭を置き去りにする。交わされた2頭も必死に追いすがるが、もはや脚色の差は歴然としており、差はどんどん開いていく。50mほどの間に差は5馬身にも広がり、残り200m地点では完全に独走態勢に入った。
結局、最後はスミヨン騎手が2度、3度と振り返る余裕を見せ、ラスト100mは流したままでゴールイン。後続に8馬身の差をつける圧勝で、見事UAEダービーを制した。勝ちタイムは1分58秒35(良)。
離された2着には後方から脚を伸ばした地元UAEのマフトゥールが入り、これに3/4馬身遅れた3着にゴールデンバローズが残った。

ムブタヒージは、アイルランド生産馬で、父Pennegale産駒の3歳牡馬。
昨年の9月に英国のニューマーケット競馬場でデビューしており、初勝利はデビュー3戦目となった昨年12月のメイダン競馬場で行われたハンデ戦であった。その後も引き続きドバイのレースに使われ、これまで4戦3勝、2着1回と抜群のダート適性を示している。唯一の敗戦が2走前のUAE2000ギニー (GIII メイダン競馬場 ダート1600m)であり、そのレースで1着となったマフトゥールとはこれまで1勝1敗という対戦成績であったが、今回そのマフトゥールに決定的な差をつけて勝利したことにより、完全に勝負付けを済ませ、晴れてドバイ3歳路線のチャンピオンに輝いた。
また今回の勝利で、通算成績を7戦4勝とし、重賞は初制覇となっている。
管理する南アフリカのM.デ・コック調教師とスミヨン騎手のコンビは、2010年のムシール(Musir)以来、本レース5年振り2度目の制覇。デ・コック調教師自身は本レース6度目の制覇となった。

注目の次走は、5月2日に米国で行われるクラシック最高峰レース・ケンタッキーダービー(3歳限定GI チャーチルダウンズ競馬場 ダート2000m)に挑戦する模様。今回のレースでの圧勝劇はインパクト十分で、ダート本場のアメリカ最高峰レースでどのようなレースを見せてくれるか、世界中の注目を集めることになるだろう。

日本馬最先着を果たしたゴールデンバローズは、過去の日本馬最高着順タイとなる3着となった。
前走のヒヤシンスSからは一転して、今回はハナを切ろうかという積極策に出て、見事に好結果を残した。ただ、スタートから出していった分、前半はかなり行きたがっており、これが最後の2着争いに影響したことは間違いないだろう。手綱をとったムーア騎手は、レース後に距離が少し長かったというコメントを残しており、今後どのような路線に進むか要注目である。

ハナを切る積極策で見せ場を作ったタップザットは、5着という結果。
意外ともいえる逃げ作戦は、キックバックによる不利を避けるために池江調教師が指示したもので、初めての逃げ戦法でも馬を戸惑わせずにコントロールしてみせたJ.モレイラ騎手の手綱捌きも見事であった。
道中は常に後続からプレッシャーをかけられる厳しい展開となったが、直線の半ばまでは勝負圏内におり、見せ場十分のレース振りだったといえる。レース後にモレイラ騎手からは、まだ馬が若いというコメントが残されており、今後の更なる成長にも期待が持てそうだ。

8着と敗れたディアドムスは、1コーナーでサーフィーバーとぶつかるアクシデントが痛かった。少なからずリズムを崩したことは間違いなく、アクシデントがなければもっと上の着順も目指せただろう。

以上、今年のUAEダービーは、前哨戦を制したムブタヒージが衝撃的ともいえる走りをみせ、見事重賞初制覇を飾る勝利を挙げた。
戦前は日本馬にもチャンスがあると思われたが、フタをあけてみれば9馬身ほどの差をつけられる完敗で、またしても厚い壁に跳ね返される形となってしまった。

*馬齢表記に関しては、主催者発表のものを記載


▼【見解】
3月24日(土)に、UAE・ドバイのメイダン競馬場で、3歳限定(南半球産4歳)GII UAEダービー(GII メイダン競馬場 ダート1900m)が行われる。

レース当日は、世界最高賞金額(賞金総額1000万米ドル=約12億円)を誇るドバイワールドカップ(GI)をメインとしたレース番組が組まれ、1日で9つの国際招待競走(GIレース6つ・うちアラブ限定競走1つ)がメイダン競馬場で行われる。

過去に本レースに挑戦した日本馬は7頭。2006年にフラムドパシオンが記録した3着が最高着順である。

また、昨年のUAEダービーの優勝馬はトーストオブニューヨーク(Toast Of New York)であり、その後同馬がアメリカの最高峰レース・ブリーダーズカップクラシック(GI サンタアニタパーク競馬場 ダート2000m)で僅差の2着となったことから、今年は例年以上に注目を集めるレースとなっている。
なお、今年からメイダン競馬場のメイントラックがオールウェザー(タペタ)コースからダートコースに変更となったことに伴い、UAEダービーもダートコース1900mの条件で行われる。

今年のエントリーは10頭。日本から出走する3頭をはじめ、地元UAEの前哨戦でしのぎを削ったトライアル組や、南半球ウルグアイの三冠馬なども出走を予定しており、今年も多彩なメンバーが顔を揃える一戦となった。

ゴールデンバローズは、昨年の北米リーディングサイアーに輝いたTapit産駒のアメリカ産馬。
これまで4戦3勝という成績で、芝のデビュー戦で2着となった以外はダートで3連勝を飾っている。また、その3連勝はいずれも楽勝で後続に3馬身以上の差をつけており、特に前走のヒヤシンスSで見せた上がり3ハロン35秒9 の末脚は圧巻であった。
ゴールデンバローズには、本気で走ったらどれほど強いかわらないという底を見せていない魅力があり、3連勝という勢いを味方に、初の海外遠征もアッサリとこなしてしまう可能性はありそうだ。
また、管理する堀調教師は、先日豪州遠征中のリアルインパクトで海外GI初制覇を飾っており、陣営ともに勢いがあることは頼もしい。
ただし、現在のメイダン競馬場のダートコースで好走するには、前目のポジションにいることが必要であり、前走ヒヤシンスSのように後方からの競馬では、前に届かない可能性が高い。ポジション取りが肝となりそうなレースではあるが、手綱を取るのが過去に同馬の手綱を2度取っている英国の名手R.ムーア騎手であるだけに、心配はないだろう。

ディアドムスは、昨年12月に行われた全日本2歳優駿の優勝馬。
また、今回出走する日本馬3頭の中では唯一の父内国産馬(ジャングルポケット産駒)である。
これまでダートでは5戦3勝という成績で、その中には全日本2歳優駿と北海道2歳優駿という2つの地方交流重賞の勝利を含んでおり、日本馬3頭の中では実績上位と呼べる存在だ。
敗れた2走は共にコーナーが2つの東京競馬場1600mで行われたレースで、このコース形状を苦手としているフシがある。その点メイダン競馬場の1900mは、これまで良績を残しているコーナー4つのコースレイアウトであり、初コースでも心配はないだろう。
ただ、これまでのレース振りを見る限り、ディアドムスの最大の武器は、小回りコースでも上手く立ち回れる機動力と、短い直線でより活きる一瞬の決め脚にあるように見え、大箱で直線の長いメイダン競馬場では、同馬の持ち味が最大限に活かせない懸念はある。しかし、この点については乗り方ひとつでこなせる可能性は十分にあり、ここは主戦を務める三浦騎手の腕の見せ所だろう。

タップザットは、ゴールデンバローズと同じくTapit産駒で、こちらは持ち込みのノーザンファーム生産馬。
これまで4戦2勝という成績で、2歳夏のデビュー戦から連勝を飾り、早くから頭角を現している。
昨年暮れの全日本2歳優駿では1番人気に推されたが、ディアドムスの2着に破れ、仕切り直しとなった今年初戦の前走ヒヤシンスSではゴールデンバローズの6着という結果に終わった。
これまでの日本馬同士の直接対決では分が悪く、3番手という扱いになりそうだが、少なくともディアドムスとの過去2走の着差は僅かで、ほとんど力差はないと考えて良いだろう。
また、鞍上に香港のトップジョッキー、J.モレイラ騎手を確保できたことは好材料であり、まだ若い3歳馬なだけに、世界的な名ジョッキーの導きで新たな一面をみせる可能性も期待できそうだ。

地元UAEのトライアル組では、マフトゥール(Maftool)の評価が高い。
今年初戦となった2走前のUAE2000ギニートライアル(メイダン競馬場 ダート1400m)では、初ダートのうえスタートで出遅れるという不利が重なり、今回のレースに出走するムブタヒージ(Mubtaahij)の3着と敗れたが、続くUAE2000ギニー (GIII メイダン競馬場 ダート1600m)では、逆にムブタヒージを直線で競り落とし、見事に優勝している。また、そのレースでは、終始インをロスなく立ち回ったムブタヒージを外からねじ伏せる勝ち方をしており、クビ差という着差以上に強さを感じさせた。今回もムブタヒージとの再戦となるが、これまで1勝1敗と五分の成績を残しており、今回のレースで雌雄を決することになるだろう。
鞍上は、前走に引き続きP.ハナガン騎手が手綱を取る。

UAE2000ギニーでマフトゥールに競り負けたムブタヒージは、前走のアル・バスタキヤ(準重賞 メイダン競馬場 ダート1900m)で、今回のレースに出走するサーフィーバー(Sir Fever)を2着に下して優勝している。これまでメイダン競馬場のダートコースでは4戦3勝、2着1回と得意にしており、馬場適性ではマフトゥールより上といえる存在だ。
UAE2000ギニーとアル・バスタキヤのレースレベルについては、両方のレースに出走したアジャワッド(Ajwad)を物差しにして比べることができそう。アジャワッドはUAE2000ギニーで3着となっており、勝ち馬のマフトゥールとの着差はおよそ11馬身。いっぽうアル・バスタキヤでも3着となっており、勝ち馬のムブタヒージとの着差はおよそ13馬身。このことから2レースのレベルにそれほど違いはなく、やや強引ではあるが単純に並べてしまうとマフトゥール>ムブタヒージとすることもできそうだ。
鞍上は、フランスの名手C.スミヨン騎手に乗り替わる。

サーフィーバーは、ウルグアイ在籍時にウルグアイ三冠をはじめ、10戦10勝というパーフェクトな成績を残している。
三冠達成後にゴドルフィンにトレードされて、アメリカのC.アップルビー厩舎に転厩した経緯を持つ。そして前走のアル・バスタキヤで、約4ヶ月ぶりにレースに出走して話題を集めた。
そのアル・バスタキヤでは、果敢に先行して3コーナーからは先頭に立つという積極的なレースを見せたが、直線でムブタヒージに交わされて2馬身1/2差の2着という結果に終わっている。
前走が休養明けであり、また移籍後の初戦であったことを考慮すれば、当然この一戦だけで見限ることはできず、叩き2戦目で本領発揮となる可能性は高いだけに、引き続き注意が必要な一頭だ。
ただし、サーフィーバーは南半球産馬であるため、他馬より4.5kg重い59.5kgの斤量を背負うことになる。前走も同じ斤量差があったのだが、最後の直線での伸びが今ひとつであった原因がこの斤量差によるものであった場合、今回も苦戦をすることになるだろう。
鞍上は、前走に引き続きW.ビュイック騎手が手綱を取る。

他には、昨年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフ(GI サンタアニタパーク競馬場 芝1600m)で5着と好走したイギリスのフェイスフルクリーク (Faithful Creek)やサウジアラビアから参戦するアルナジェムアルファイズ (Alnajem Alfaiz)などが出走を予定している。

以上、今年のUAEダービーは、地元のトライアル組が人気を集め、それに対する遠征組が如何に立ち向かうかが最大の焦点となりそうだ。
傑出した馬のいない今年は、当然日本馬3頭にも勝機はあり、UAEダービー7度目のチャンレンジにして最大のチャンスが訪れたといっても過言ではないだろう。

なお、メイダン競馬場で行われたUAEダービーの主要な前哨戦の結果は以下のとおり。
2月5日 UAE1000ギニー (UAE 1000 Guineas 準重賞 メイダン競馬場 ダート1600m)
 優勝馬:ローカルタイム (Local Time)
2月12日 UAE2000ギニー (UAE 2000 Guineas GIII メイダン競馬場 ダート1600m)
 優勝馬:マフトゥール( Maftool)
2月26日 UAEオークス (UAE Oaks GIII メイダン競馬場 ダート1900m)
 優勝馬:ローカルタイム (Local Time)
3月7日アル・バスタキヤ(Al Bastakiya準重賞メイダン競馬場 ダート1900m)
 優勝馬:ムブタヒージュ( Mubtaahij)

*馬齢表記に関しては、主催者発表のものを記載

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP