UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2015年03月28日(土)

ドバイシーマクラシック(GI)芝2410m

  • 【レース格】★★★★★
  • 【総賞金】600万ドル
  • 【開催競馬場】メイダン
  • 【勝馬】ドルニヤ
  • 【騎手】C.スミヨン
  • 【トレーナー】A.ドゥロワイエデュプレ
見解

ドバイシーマクラシック (Dubai Sheema Classic) GI
UAE・ドバイ メイダン競馬場 芝2410m
第8レース 20:15(日本時間 25:15)発走

▼【結果】
優勝馬:ドルニヤ(Dolniya)

現地時間3月28日(土)に、UAE・ドバイのメイダン競馬場で、ドバイシーマクラシック(GI メイダン競馬場 芝2410m)が9頭立てで行われた。

海外の並み居る強豪を抑えて日本のハープスターが堂々の1番人気。もう1頭の日本馬ワンアンドオンリーは6番人気の支持を集めた。

スタートで米国のメインシークエンス(Main Sequence)が伸び上がる格好で後手を踏み、後方からの競馬となる。戦前の予想どおり積極的に行く馬はおらず、外からジャストザジャッジ(Just the Judge)が押し出されるように先頭に立つ。これにワンアンドオンリーと内から好スタートを切ったドルニヤ (Dolniya)が続き、2番人気に推された仏国のフリントシャー (Flintshire)は中団5頭目のポジションを取る。ハープスターはフリントシャーのすぐ後ろ6番手につけ、香港から参戦したデザインズオンローム (Designs on Rome)は好スタートを切ったが後方に下げ、最後方からの競馬を選択する。

レースはジャストザジャッジが作る緩いペースで流れ、1コーナーのコーナリングを利して内のドルニヤが2番手に上がり、ワンアンドオンリーは3番手に控える。その後ろにフリントシャー、ハープスターが続き、最後方からデザインズオンロームが追走する展開になる。
各馬大きな動きを見せないままレースは淡々と流れ、前に壁を作れなかったワンアンドオンリーが2、3度口を割って折り合いを欠く素振りを見せる。
3コーナー手前からようやく各馬が動きを見せ始め、ワンアンドオンリーと中団からすぐ後ろまで上がっていたメインシークエンスが並んで、先頭のジャストザジャッジとの差を詰めにかかる。これをみて中団のフリントシャー、ハープスターの2頭も動きはじめるが、逃げ馬の後ろにつけたドルニヤは、他馬が動きをみせても好位のインでジッと我慢し、進出のチャンスを伺う。

直線に入ってもジャストザジャッジが先頭をキープし、ペースが遅かったこともあり、まだ余力がある。2番手にはジャストザジャッジの後ろにいたドルニヤが抜群の手応えでこれに続き、外からはワンアンドオンリーが脚を伸ばす。メインシークエンスは伸びがなく、中団にいたフリントシャーとハープスターもなかなか前との差を詰められない。
残り300mで、満を持して追い出したドルニヤが鋭い反応を見せジャストザジャッジを交わして先頭に踊り出る。交わされたジャストザジャッジは脚色がなくなり、替わってワンアンドオンリーとようやく進出してきたフリントシャーの2頭が馬体をあわせて追い上げを見せる。
残り200mでは一旦抜け出したドルニヤに、ワンアンドオンリーを競り落としたフリントシャーが1馬身差まで詰め寄るが、そこまでで精一杯。フリントシャーの脚色が鈍り、ここからドルニヤとの差がまた開き始める。
そのまま最後までドルニヤの脚が止まることはなく、追いすがるフリントシャーに2馬身1/4差をつけて先頭でゴール。自身初となるGI勝利を、見事海外の地で飾った。勝ちタイムは2分28秒29(良)。
最後に脚のあがってしまったフリントシャーが2着、後方から追い込んだデザインズオンロームの追撃を凌いだワンアンドオンリーが2着から2馬身差の3着に残った。

ドルニヤは、フランス生産馬で、父Azamour産駒の4歳牝馬。
デビューは3歳の4月と遅く、6月のマルレ賞(3歳牝馬限定GII サンクルー競馬場 芝2400m)で初重賞を制している。GI初挑戦となったのはデビュー5戦目のヴェルメイユ賞(牝馬限定GI ロンシャン競馬場 芝2400m)で、そのレースでは後方から脚を伸ばし、前年の凱旋門賞馬トレヴ(Trave)との接戦を制し、勝ち馬から短頭+1馬身1/4差の3着と健闘。その後は世界最高峰のGI・凱旋門賞(ロンシャン競馬場 芝2400m)に挑戦して5着に入り、日本から参戦したハープスターやジャスタウェイ、ゴールドシップに先着を果たしている。
今回は、3月に自国で行われたオールウェザーの一般戦に勝利し、万全の状態で初の海外遠征に臨んでいた。
ドバイシーマクラシックの勝利で通算成績を8戦5勝とし、重賞は2勝目。GIレースは初勝利となった。
鞍上のC.スミヨン騎手とA.ドゥロワイエデュプレ調教師は、シーマクラシック初制覇。
スミヨン騎手は、4RのUAEダービー(GII)に続いて、この日重賞2勝目となった。

3着と健闘したワンアンドオンリーは、好位につける積極策が功を奏した。
何度か口を割る仕草を見せたように、いくらか折り合いを欠くシーンがあったが、鞍上のC.デムーロ騎手が上手くなだめて事なきを得ている。2014年後半の成績が振るわず不調が懸念されたが、この一戦で復活の兆しを見せたといってよいだろう。
今後も展開によって自在に立ち回れるようになれば、GI2勝目のチャンスも訪れそうだ。
また、陣営は今回の遠征でそれなりの手応えを掴んだようで、管理する橋口調教師の悲願である7月のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(GI アスコット競馬場 芝2400m)へ正式に参戦を表明する模様。
また、そのレースは2006年にワンアンドオンリーの父で同じく橋口厩舎所属であったハーツクライが3着に敗れたレースでもあり、リベンジなるか注目の一戦となる。

1番人気の支持を集めたハープスターは、直線でらしさが見られずに8着という結果。
騎乗したR.ムーア騎手も、調子は良かったが残り600mくらいで反応がなくなったと話しており、陣営もクビを傾げる敗戦となってしまった。昨年秋の凱旋門賞遠征からこれまで4戦して結果を出せておらず、一度リズムを崩してしまった牝馬だけに、建て直しには時間がかかるかも知れない。

2番人気のフリントシャーはキャリア14戦で7度目の2着となり、依然として勝負弱いところを露呈してしまった。ただ、性齢による斤量2.5kg差があったこともあり、スローペースからの切れ味比べでは分が悪かったともいえるだろう。

GI4勝を含む5連勝で注目を集めた米国のメインシークエンスは、直線で早々に脚がなくなり7着という結果に終わった。スタートで出負けするなどチグハグな競馬となってしまったことは間違いないが、今年も結果が出せなかったように、シーマクラシックは米国調教馬にとってはまさに鬼門と呼べるレースといえそうだ。

以上、今年のドバイシーマクラシックは、ドルニヤが1着、フリントシャーが2着とフランス勢のワン・ツーフィニッシュで幕を下した。
日本から参戦した2頭については、今回結果が出せなったことは残念だが、世界のトップを目指す機会はまだ多く残されている。若い4歳馬だけにまだ伸びシロも十分にあり、さらなる成長をみせて再び世界に挑戦する日を心待ちにしたい。

*馬齢表記はエミレーツレーシングオーソリティーのレギュレーションに準拠


▼【見解】
3月24日(土)に、UAE・ドバイのメイダン競馬場で、ドバイシーマクラシック(GI メイダン競馬場 芝2410m)が行われる。

レース当日は、世界最高賞金額(賞金総額1000万米ドル=約12億円)を誇るドバイワールドカップ(GI)をメインとしたレース番組が組まれ、1日で9つの国際招待競走(GIレース6つ・うちアラブ限定競走1つ)がメイダン競馬場で行われる。

本レースにはこれまで数多くの日本馬が参戦しており、これまで2001年ステイゴールド、2006年ハーツクライ、2014年ジェンティルドンナの3頭が優勝している。(2001年はGII格付け)

今年のエントリーは9頭。日本からは昨年のダービー馬ワンアンドオンリーと、桜花賞馬ハープスターのクラシックホース2頭が参戦。他にも欧州から昨年の凱旋門賞2着馬、アメリカからはブリーダーズカップターフの優勝馬、さらには香港から昨シーズンの年度代表馬もエントリーしており、まさに欧・米・アジアからそれぞれのトップホースが一堂に会する豪華な一戦となった。
なお、当レースの前哨戦であるドバイシティオブゴールド(GII メイダン競馬場 芝2400m)を制したスカイハンター(Sky Hunter)は出走を回避している。

ワンアンドオンリーは、昨年の日本ダービーで皐月賞馬イスラボニータとの接戦を制して、見事GI勝利を手にした第81回日本ダービー馬だ。
秋初戦となった神戸新聞杯を制して連勝を飾ると、続く菊花賞でも1番人気の支持を受けたが、結果は9着と大きく人気を裏切ってしまう。その後は、巻き返しを期して古馬混合戦となるジャパンカップ、有馬記念に挑戦したが、それぞれ7着、13着という結果しか残せず、2014年後半は不本意な成績に終わっている。
立て直しを図る陣営は、2015年の初戦に父ハーツクライの制したドバイシーマクラシックに狙いを定めてきた。今回は昨年の有馬記念以来、約3ヶ月ぶりのレースとなるが、過去の休み明けでも結果を残しているように、いきなりのレースでも不安はない。初の海外遠征も、ハーツクライで2度の遠征実績を残している橋口厩舎だけに問題はないだろう。
日本ダービーと同じく左回り2400mで行われるレースは同馬に向きそうで、是非ここで好結果を残して、来年定年を迎える橋口調教師の悲願である、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(GI アスコット競馬場 芝2400m)制覇に向けて、望みを繋いで欲しいところだ。
なお、今回の有力馬には末脚自慢が多く、レースはかなりのスローペースになることが想定されるだけに、2006年のハーツクライのように前の位置でレースを進めることができれば、ワンアンドオンリーに思わぬ展開のアシストがあるかもしれない。
鞍上は、ハーツクライを勝利に導いたルメール騎手を予定していたが、同騎手が騎乗停止中のため、C.デムーロ騎手が代わりに手綱を取る。

ハープスターは、2013年の新潟2歳Sで上がり3ハロン32.5秒の豪脚を繰り出し、ラスト300mで最後方から17頭を一気に抜き去るという豪快な勝利で一躍注目を集めた。対戦相手の中には、翌年の皐月賞を制したイスラボニータもいただけに、その価値は高い。
それ以降、同馬の末脚に魅せられたファンは多く、春の牝馬クラシック路線では常に単勝1倍台の圧倒的な支持を受けた。また、ハープスターもその期待に応えるようにレースでは常に最速の上がりをマークし、桜花賞1着、オークスではタイム差なしの2着という結果を残している。
オークス以降は秋華賞路線には進まず、フランス遠征も含めて果敢に古馬混合のレースに挑戦したが、これまで4戦して1勝のみという結果に終わっている。ただ、敗れたレースの中には、故障馬の煽りを受けたジャパンカップのように情状酌量の余地を残す敗戦もあったため、同馬の評価を著しく下げるには至っていない。また、敗戦の中でも優れたパフォーマンスを見せたレースは存在し、特に世界中の注目を集めた昨年の凱旋門賞(GI ロンシャン競馬場 芝2400m)でハープスターが見せた末脚は素晴らしく、6着に敗れたとはいえ、その存在を世界中のホースマンに強くアピールする結果となった。
今回のメンバーでは、GI1勝のみという実績は決して上位ではないが、同馬のポテンシャルの高さは誰しも認めるものであり、今回も並み居る強豪を抑えて人気を集めることになるだろう。
課題は、これまで結果を残せていない距離2400mということになるが、過去の3戦では位置取りやペースなど同馬に向かない展開が多かっただけに、敗因が距離にあると断定することは難しい。距離に関しては、おそらく今回が試金石となるだろう。
鞍上には、昨年のジェンティルドンナを見事な手綱さばきで勝利に導いた世界的名手、R.ムーア騎手を迎えて、念願のGI2勝目を狙う。

昨年の凱旋門賞で2着と健闘したのがフランスのフリントシャー(Flintshire)。同馬はその実績から今回のヨーロッパ勢の代表格と目される1頭だ。
これまで13戦4勝、GIレースは昨年のパリ大賞典(GI ロンシャン競馬場 距離2400m)、香港ヴァーズ(GI シャティン競馬場 距離2400m)の2勝を挙げており、ともに今回と同じ距離で挙げている点は心強い。
昨年2着となったブリーダーズカップターフ(GI サンタアニタパーク競馬場 芝2400m)や、優勝した香港ヴァーズで既に海外遠征を経験していることも強みになるだろう。また、BCターフでは、今回出走するアメリカのメインシークエンス(Main Sequence)に直接対決で敗れはしているが、今回はメインシークエンスに地元競馬という地の利がなくなる分、ここで逆転があっても不思議ではない。昨年の凱旋門賞でハープスターに先着をしているという実績も、力関係を図る上では重要なファクターの1つである。
今回は地元のオールウェザーで行われた一般戦でひと叩きされており(結果は2着。勝ち馬は今回の出走馬ドルニア)、万全のローテーションで、この一戦に臨んできただけに、ここは力が入る一戦だろう。
ただ、レースではスローペースからの瞬発力勝負となる公算が高いだけに、決め手に欠け2着の多いフリントシャーにとっては、展開に泣く結果となる可能性もありそうだ。
鞍上は主戦を務めるM.ギュイヨン騎手が引き続き手綱を取る。

アメリカから参戦してくるメインシークエンスは、昨年のBCターフをはじめ、これまでGI4勝を挙げている強豪である。
もともとはイギリスでデビューしており、イギリス在籍時にはエプソムダービー(GI エプソムダウンズ競馬場)で2冠馬キャメロット(Camelot)の2着となる成績を収めている。
アメリカ移籍後の2014年の活躍は目覚しく、移籍初戦となった7月のユナイテッドネーションズS(GI マンモスパーク競馬場 芝2200m)で勝利を挙げると、そこから10月のBCターフまで破竹のGIレース4連勝を達成し、2014年を終えている。また、その実績から全米年度代表馬こそ逃したものの、全米最優秀古牡セン馬と最優秀芝牡セン馬の2タイトルを受賞している。
今回は2月に行われた地元のGII戦で勝利し、米国移籍以来の連勝を5に伸ばしてこの舞台に駒を進めてきた。体調も臨戦過程も万全となれば、やはり5連勝中の勢いは侮れず、ここでも好勝負できるだろう。
ただし、ドバイシーマクラシックにおけるアメリカ調教馬の成績は不振で、過去17回の歴史の中でいまだに優勝馬が出ていない。これは例年のアメリカ芝路線のレベルに問題があるのだが、メインシークエンスに関してはイギリス在籍時にGI戦線でそれなりの結果を残しているだけに、割り引く必要があるかの判断は難しいところだ。
鞍上は、アメリカ移籍後に同馬の主戦を務めるR.マラージ騎手。

香港から勇躍参戦するのがデザインズオンローム(Designs on Rome)。これまでGI級5勝の実績を誇る2013/2014シーズンの香港年度代表馬だ。
昨年は、香港で行われた国際GIレースのうち中距離の2レースを制しており、4月のクイーンエリザベス?世カップ(GI シャティン競馬場 芝2000m)で日本のエピファネイアを4着に下し、また12月の香港カップ(GI シャティン競馬場 芝2000m)では、GI6勝馬のシリュスデゼーグル(Cirrus des Aigles)を4着に下すなど、海外の強豪馬をまとめて負かした実績を持つ。
近年そのレベル向上が目覚しい香港競馬界の中でも、このデザインズオンロームと当地で不動のマイルチャンピオンとなったエイブルフレンド(Able Friend)の2頭は別格と呼べる存在であり、このドバイの地でどれほどの競馬を見せてくれるか、非常に興味深い。今回の結果次第では、更なる海外遠征の話も持ち上がってくることだろう。
ただ、これまでのGI実績がシャティン競馬場の芝2000mとかなり限定的な条件だけに、初の海外遠征や実績のない距離、左回りのコースなど克服すべき課題が山積みな状態であることは間違いない。ただ、現在GI級勝利を含む3連勝中という充実著しい時期でもあり、これらの課題をまとめて克服する可能性も十分にあるだろう。
鞍上は、香港リーディングを独走する今期絶好調のJ.モレイラ騎手。

他には、C.スミヨン騎手を背にGI初制覇を狙う、昨年の凱旋門賞5着馬ドルニア(Dolniya)や、前哨戦ドバイシティオブゴールド(GII)で2着と好走したGI馬シェイクザイードロード (Sheikhzayedroad)などが出走を予定している。

以上、今年のドバイシーマクラシックは、世界から各地域を代表する好メンバーが揃い、高いレベルでの混戦が予想される一戦となった。
先週の豪州遠征組から届いた嬉しいニュースでも判るとおり、日本馬のトップは世界レベルにあることは間違いなく、今回は楽な相手ではないだろうがワンアンドオンリーとハープスターの2頭にも好走ではなく、好結果を期待したい。

なお、メイダン競馬場で行われたドバイシーマクラシックの主要な前哨戦の結果は以下のとおり。
3月7日 ドバイシティオブゴールド(Dubai City of Gold 1 GII メイダン競馬場 芝2400m)
 優勝馬:スカイハンター (Sky Hunter)

*馬齢表記に関しては、主催者発表のものを記載
*香港競馬のシーズン表記は当地のレギュレーションによる。1シーズンは例年8月?翌年7月末日まで

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP