UMAJIN.net

今週のレース(WINDEX)

02月29日()

03月01日()

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

香港国際競走特集2014

香港スプリント(GI)

2014年12月14日(日) 沙田(シャティン)競馬場
3歳以上 芝1,200m 総賞金:1,850万香港ドル(約2億5,900万円)
発走:現地時間2014年12月14日(日)14時40分 日本時間2014年12月14日(日)15時40分

2014年香港国際競走の2つ目のG1として行われた香港スプリント。昨年、日本のロードカナロアが連覇を達成したレースであり、引退した同馬が不在の今年、新たなスプリント王者に輝くのは誰なのか、フルゲート14頭により争われる注目の一戦となった。

レースは出遅れもなく各馬横一線の綺麗なスタート。そこから果敢に押して先手を取ったのはエアロヴェロシティ。同じく押しながら2番手につけたのがバッファリング、続いてスパラート、ペニアフォビア、ラッキーナインの3頭が横並びで、ここまでが先頭集団。先頭から4馬身ほどの中団にストレイトガール、ゴードンロードバイロンがつけ、リトルゲルダは後方、ダッシュがつかなかったスノードラゴンが最後方という展開。

道中はエアロヴェロシティがペースを握る展開ながら、これをマークするようにピタリとバッファリングがつける。4角手前でペースは落ち着き、馬群がひと塊の状態で最終コーナーを回る。

最後の直線に入り、手応え良くエアロヴェロシティが先頭をキープ。手綱をしごきながら、これに並びかけるバッファリングと3番手にはペニアフォビア。中団から内目で脚を伸ばすゴードンロードバイロンに、外目に持ち出し追撃体制に入るストレイトガール。後方から伸びてくるのはゴールデンハーヴェスなど。

残り300m付近では、ストレイトガールの手応えが良く、前にいるエアロヴェロシティとペニアフォビアを交わすかの勢いで迫るが、200m付近から前2頭と脚色が一緒になってしまう。

結局は、終始先頭を走ったエアロヴェロシティが、迫るペニアフォビアの追撃をハナ差抑え込んでの逃げ切り勝ち。続いてストレイトガールが3着、同じ位置から伸びたゴードンロードバイロンが4着に入った。

エアロヴェロシティは、前走ジョッキークラブスプリントでは1番人気に支持されたものの、直線で度重なる不利を受け最下位の14着に沈んでいた。今回はそのうっぷんを晴らすかのような見事な逃走劇で、自身初となるG1制覇を飾った。鞍上は、日本でも短期免許で来日しているZ.パートン騎手。

日本から参戦した3頭の中で最先着したのは、ストレイトガール。最後の直線で外から伸びてきた時は、一瞬勝てるかという勢い。最後は止まってしまい3着までとなったが、初の海外遠征でも力があることころは十分に示せた内容。

スタート後にダッシュがつかずに、最後方から直線勝負にかけたスノードラゴンは、直線で大外に持ち出し脚を伸ばすも、展開が向かずに8着という結果。

最内枠スタートのリトルゲルダは、終始後方のインでレースを進めたが、最後の直線で馬場の中ほどに持ち出し、脚を伸ばそうとしたところで鞍上のM.デムーロ騎手が追うのを止めており最下位の14着に終わっている。レース後デムーロ騎手からは"脚を痛めてしまったのかもしれない"というコメントが発表されている。

戦前は混戦が予想された香港スプリントであったが、終わってみれば地元香港勢が強さを見せ付けるワン・ツーフィニッシュとなった。

レース結果

着順


馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師 タイム着差
1 7 9 エアロヴェロシティ セン6 126 Z.パートン P.オサリヴァン 1:08.57
2 6 8 ペニアフォヴィア セン3 126 D.ホワイト T.クルーズ ハナ
3 13 13 ストレイトガール 牝5 122 岩田康誠 藤原英昭 1
4 2 6 ゴードンロードバイロン セン6 126 W.ローダン T.ホーガン 1 1/2
5 14 12 ゴールデンハーベスト セン6 126 R.ムーア T.ミラード 3 1/4
6 8 5 バッファリング セン7 126 D.ブラウン R.ヒースコート 3 3/4
7 12 10 スマートヴォラティリティ セン6 126 G.モッセ F.ルイ 3 3/4
8 10 7 スノードラゴン 牡6 126 大野拓弥 高木登 4 1/2
9 5 3 ソールパワー セン7 126 R.ヒューズ E.リナム 4 3/4
10 3 4 スターリングシティ セン6 126 J.モレイラ J.ムーア 5 1/2
11 4 1 ラッキーナイン セン7 126 B.プレブル C.ファウンズ 5 1/2
12 11 2 スパラート セン5 126 M.ヌーネス J.オハラ 7 1/4
13 9 11 フラッグシップシャイン セン5 126 N.ローウィラー J.ムーア 8 3/4
14 1 14 リトルゲルダ 牝5 122 M.デムーロ 鮫島一歩 13 3/4

出馬表




馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 14 リトルゲルダ 牝5 122 M.デムーロ 鮫島一歩
2 6 ゴードンロードバイロン セン6 126 W.ローダン T.ホーガン
3 4 スターリングシティ セン6 126 J.モレイラ J.ムーア
4 1 ラッキーナイン セン7 126 B.プレブル C.ファウンズ
5 3 ソールパワー セン7 126 R.ヒューズ E.リナム
6 8 ペニアフォヴィア セン3 126 D.ホワイト T.クルーズ
7 9 エアロヴェロシティ セン6 126 Z.パートン P.オサリヴァン
8 5 バッファリング セン7 126 D.ブラウン R.ヒースコート
9 11 フラッグシップシャイン セン5 126 N.ローウィラー J.ムーア
10 7 スノードラゴン 牡6 126 大野拓弥 高木登
11 2 スパラート セン5 126 M.ヌーネス J.オハラ
12 10 スマートヴォラティリティ セン6 126 G.モッセ F.ルイ
13 13 ストレイトガール 牝5 122 岩田康誠 藤原英昭
14 12 ゴールデンハーベスト セン6 126 R.ムーア T.ミラード

※馬齢は主催者発表のものを記載しております。

※126lbs=約57kg、122lbs=約55.5kg

出走馬プロフィール

スノードラゴン(牡6)

美浦・高木登
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ

通算35戦8勝(うち重賞1勝)

【主な勝鞍】
[2014年]
スプリンターズS

ストレイトガール(牝5)

栗東・藤原英昭
父:フジキセキ
母:ネヴァーピリオド
母父:タイキシャトル

通算23戦8勝(うち重賞1勝)

【主な勝鞍】
[2014年]
シルクロードS

リトルゲルダ(牝5)

栗東・鮫島一歩
父:Closing Argument
母:Bijoux Miss
母父:Buddha

通算20戦7勝(うち重賞2勝)

【主な勝鞍】
[2014年]
北九州記念、セントウルS

その他のレース

海外競馬TOP

PAGE TOP