UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ドバイミーティング2018

ドバイターフ(GI)

2018年3月31日(土) メイダン競馬場
出走条件:南半球産馬 3歳以上/北半球産馬4歳以上 コース:芝1800m
負担重量:南半球産 3歳 54.5kg/両半球産 4歳以上 57kg/牝馬2kg減
総賞金:600万ドル(約6億3600万円)
発走:2018年3月31日(土)19時35分 日本時間4月1日(日)0時35分

現地時間3月31日、UAEドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドCデー。芝1800mのGI戦ドバイターフでは、日本調教馬による3連覇に期待が懸かったが、勝ったのは2番人気に支持されたオイシン・マーフィー騎手騎乗のベンバトル(Benbatl)だった。

2014年のジャスタウェイ、2016年のリアルスティール、2017年のヴィブロス。過去4年のうち3年で日本調教馬が勝利している相性の良いレースということもあって、今年のドバイターフには前2年の勝ち馬2頭を含めた5頭が参戦し、大きな注目を集めた。その中でも人気を集めたのは一昨年の覇者リアルスティールで、日本国内の馬券発売では同馬が単勝3.4倍の1番人気に。前哨戦のGI戦ジェベルハッタで2着に入ったベンバトルが4.5倍の2番人気で続き、日本のネオリアリズムとヴィブロス3、4番人気となった。

レースは、大外に入ったジェベルハッタの勝ち馬ブレアハウス(Blair House)やフランスからの遠征馬トレスフリュオース(Trais Fluors)が出遅れ。ブレアハウスは、鞍上のウィリアム・ビュイック騎手がすぐさま内ラチ沿いへ馬を誘導し、末脚勝負に備えた。一方、先行争いはというと、ネオリアリズム、ベンバトル、ジャヌービ(Janoobi)の3頭が前に行きかけたものの、ネオリアリズムとベンバトルが控え、ジャヌービが単騎先頭に。直後の2番手にベンバトルがつけ、チャンピオンシップ(Championship)、ネオリアリズム、クロコスミアらとともに先行集団を形成した。また、そのほかに日本調教馬は、リアルスティールが馬群の中ほどから、ディアドラとヴィブロスは後方からの勝負を選んだ。

3コーナーに入ると、ジャヌービが2番手との差を4馬身近くまで広げたものの、2番手以下の各馬はほとんど動くことなく4コーナーへ。残り600m付近からようやく各馬が動き始め、最後の直線勝負を迎えた。

直線に入り、残り400mを切るとジャヌービに代わってベンバトルが先頭へ。これを追ってリアルスティールとディアドラ、さらには大外から一気の伸び脚を見せたヴィブロスが迫るが、ベンバトルの伸びも素晴らしく、残り200m地点でリードを3馬身近くに広げる。結局、最後まで追撃を寄せ付けなかったベンバトルが、激しい追い比べを繰り広げる3頭をよそに先頭でゴール。3馬身1/4差離れた2着にはヴィブロスが入り、3着はリアルスティールとディアドラが同着となった。

勝ったベンバトルは、父Dubawi、母Nahrain(母の父Selkirk)という血統の4歳牡馬。母Nahrainは2011年にフランスのオペラ賞を制すなどGI戦を2勝している。ベンバトル自身はイギリスでデビューし、昨年の英ダービーやキングジョージ6世&クイーンエリザベスSで5着に入っているものの、これまでGI戦は未勝利。重賞2連勝で臨んだ前走のGI戦ジェベルハッタではスタートで出遅れた上、道中も終始外を回るロスの多い競馬で2着に敗れていた。通算成績は11戦5勝。

レース結果

着順


馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師 タイム着差
1 5 5 ベンバトル 牡4 57 O.マーフィー S.ビン・スルール 1:46.02
2 7 7 ヴィブロス 牝5 55 C.デムーロ 友道 康夫 3.25
3 8 8 リアルスティール 牡6 57 M.バルザローナ 矢作 芳人 クビ
3 13 13 ディアドラ 牝4 55 C.ルメール 橋田 満 同着
5 3 3 プロミシングラン 牝5 55 P.コスグレイヴ S.ビン・スルール 4.75
6 14 14 レシュラー 牡4 57 C.スミヨン S.ビン・スルール 1
7 11 11 クロコスミア 牝5 55 岩田 康誠 西浦 勝一 0.5
8 2 2 ネオリアリズム 牡7 57 J.モレイラ 堀 宣行 1.25
9 10 10 ウォーディクリー 牡4 57 S.ヘファナン A.オブライエン 1
10 15 15 ブレアハウス セ5 57 W.ビュイック C.アップルビー ハナ
11 12 12 ランカスターボンバー 牡4 57 R.ムーア A.オブライエン 2.75
12 6 6 ジャヌービ 牡4 57 J.クローリー M.デコック 1.75
13 4 4 トレスフリュオース 牡4 57 V.シュミノー A.ファーブル 5
14 9 9 モナークスグレン セ4 57 L.デットーリ J.ゴスデン 6.75
15 1 1 チャンピオンシップ セ7 57 S.デソウサ A.ビン・ハルマシュ 2.25

出馬表




馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 チャンピオンシップ セ7 57 S.デソウサ A.ビン・ハルマシュ
2 2 ネオリアリズム 牡7 57 J.モレイラ 堀 宣行
3 3 プロミシングラン 牝5 55 P.コスグレイヴ S.ビン・スルール
4 4 トレスフリュオース 牡4 57 V.シュミノー A.ファーブル
5 5 ベンバトル 牡4 57 O.マーフィー S.ビン・スルール
6 6 ジャヌービ 牡4 57 J.クローリー M.デコック
7 7 ヴィブロス 牝5 55 C.デムーロ 友道 康夫
8 8 リアルスティール 牡6 57 M.バルザローナ 矢作 芳人
9 9 モナークスグレン セ4 57 L.デットーリ J.ゴスデン
10 10 ウォーディクリー 牡4 57 S.ヘファナン A.オブライエン
11 11 クロコスミア 牝5 55 岩田 康誠 西浦 勝一
12 12 ランカスターボンバー 牡4 57 R.ムーア A.オブライエン
13 13 ディアドラ 牝4 55 C.ルメール 橋田 満
14 14 レシュラー 牡4 57 C.スミヨン S.ビン・スルール
15 15 ブレアハウス セ5 57 W.ビュイック C.アップルビー

※馬齢は主催者発表のものを記載しております。

※エミレーツレーシングオーソリティーの競馬施行規程では、南半球産馬の加齢基準日は7月1日です(北半球産馬は1月1日)。

出走馬プロフィール

ヴィブロス(牝5歳)

栗東・友道康夫
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian

通算12戦4勝(うち重賞2勝)

【主な勝鞍】
[2016年]
秋華賞
[2017年]
ドバイターフ

クロコスミア(牝5歳)

栗東・西浦勝一
父:ステイゴールド
母:デヴェロッペ
母父:ボストンハーバー

通算21戦5勝(うち重賞1勝)

【主な勝鞍】
[2017年]
府中牝馬S

ディアドラ(牝4歳)

栗東・橋田満
父:ハービンジャー
母:ライツェント
母父:スペシャルウィーク

通算16戦5勝(うち重賞2勝)

【主な勝鞍】
[2017年]
秋華賞、紫苑S

ネオリアリズム(牡7歳)

美浦・堀宣行
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake

通算20戦8勝(うち重賞3勝)

【主な勝鞍】
[2016年]
札幌記念
[2017年]
クイーンエリザベス2世C、中山記念

リアルスティール(牡6歳)

栗東・矢作芳人
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat

通算15戦4勝(うち重賞3勝)

【主な勝鞍】
[2015年]
共同通信杯
[2016年]
ドバイターフ
[2017年]
毎日王冠

その他のレース

海外競馬TOP

PAGE TOP