UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ドバイミーティング2018

ドバイシーマクラシック(GI)

2018年3月31日(土) メイダン競馬場
出走条件:南半球産馬 3歳以上/北半球産馬4歳以上 コース:芝2410m
負担重量:南半球産 3歳 53kg/北半球産 4歳 56.5kg/南半球産 4歳以上・北半球産 5歳以上 57kg/牝馬2kg減
総賞金:600万ドル(約6億3600万円)
発走:2018年3月31日(土)20時10分 日本時間4月1日(日)1時10分

現地時間3月31日、UAEドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドCデー。メインのドバイワールドCの1レース前に行われた芝2410mのGI戦ドバイシーマクラシックは、前哨戦のGII戦ドバイシティオブゴールドの勝ち馬で、ウィリアム・ビュイック騎手が騎乗した5番人気のホークビル(Hawkbill)がまんまと逃げ切って優勝した。

日本からレイデオロ、サトノクラウン、モズカッチャンというGI馬3頭が出走した今年のドバイシーマクラシック。対する海外勢は、昨年の凱旋門賞2着馬クロスオブスターズ(Cloth of Stars)を筆頭に、英チャンピオンSと愛チャンピオンSで2着に入ったポエッツワード(Poet’s Word)、3歳時にイギリスのエクリプスSを勝利しているホークビル、昨秋のジャパンC以来となるアイダホ(Idaho)などが顔を揃えた。国内の馬券発売での人気はクロスオブスターズが単勝2.6倍で1番人気。レイデオロが単勝3.0倍の2番人気となり、以下サトノクラウン、モズカッチャンが3、4番人気で続いた。

レースは、枠入りの際にゲート内でホークビルが立ち上がるハプニング。隣の枠に収まっていたサトノクラウンはこの煽りを受けてしまい、2頭はそれぞれゲート入りをやり直した。その後、各馬は大きな出遅れもなくスタート。積極的にハナを主張する馬はおらず、ホークビル、クロスオブスターズ、ポエッツワード、アイダホらが先団を形成したが、ホークビルが1コーナーで先頭に立って逃げる形に。スローペースでレースが進む中、日本の3頭はいずれも中団より後方に控え、前の有力馬の動向を伺った。向こう正面に入ってもペースは上がらず、2番手の内ラチ沿いを走っていたクロスオブスターズや日本勢の中で最も前にいたレイデオロが首を上げる仕草を見せる。しかし、3コーナーに入るとようやくペースが上がり始め、各馬が徐々に進出を開始。逃げるホークビルをポエッツワードとクロスオブスターズが追う形で4コーナーをカーブした。

直線では粘るホークビルを追って、ポエッツワードとクロスオブスターズが激しい叩き合いを展開。その後方では内に進路をとったレイデオロとモズカッチャンが前に迫ろうと懸命に脚を伸ばしたが、ペースが遅かったこともあって、その差はほとんど縮まらず。結局、ホークビルが一度も並びかけられることなく、2着に3馬身差をつけ逃げ切った。2着はクロスオブスターズとの追い比べを制したポエッツワード。日本勢はレイデオロの4着が最高で、残る2頭はモズカッチャンが6着、サトノクラウンが7着に終わっている。

勝ったホークビルは、父Kitten’s Joy、母Trensa(母の父Giant’s Causeway)という血統の5歳牡馬。同馬は、3歳時に6連勝を飾りGI戦エクリプスSを制したものの、その後のGI戦では苦戦が続いており、昨秋はやや相手関係の手薄なドイツやカナダのGI戦へ。しかし、ここでも2着に敗れると早々とシーズンを終了して休養入り。そして今シーズン、3月10日に行われたGII戦ドバイシティオブゴールドで始動すると、このレースをコースレコードで勝利し、本番へ駒を進めていた。通算成績は20戦10勝。

レース結果

着順


馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師 タイム着差
1 7 7 ホークビル 牡5 57 W.ビュイック C.アップルビー 2:29.45
2 5 5 ポエッツワード 牡5 57 L.デットーリ M.スタウト 3
3 6 6 クロスオブスターズ 牡5 57 M.バルザローナ A.ファーブル クビ
4 3 3 レイデオロ 牡4 56.5 C.ルメール 藤沢 和雄 1.75
5 10 10 ベストソリューション 牡4 56.5 P.コスグレイヴ S.ビン・スルール 短アタマ
6 1 1 モズカッチャン 牝4 54.5 C.デムーロ 鮫島 一歩 1
7 8 8 サトノクラウン 牡6 57 J.モレイラ 堀 宣行 1.5
8 2 2 アイダホ 牡5 57 R.ムーア A.オブライエン クビ
9 9 9 デザートエンカウンター セ6 57 S.レヴィー D.シムコック 1.75
10 4 4 カリーディ 牡4 56.5 S.デソウサ C.コックス 4.5

出馬表




馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 モズカッチャン 牝4 54.5 C.デムーロ 鮫島 一歩
2 2 アイダホ 牡5 57 R.ムーア A.オブライエン
3 3 レイデオロ 牡4 56.5 C.ルメール 藤沢 和雄
4 4 カリーディ 牡4 56.5 S.デソウサ C.コックス
5 5 ポエッツワード 牡5 57 L.デットーリ M.スタウト
6 6 クロスオブスターズ 牡5 57 M.バルザローナ A.ファーブル
7 7 ホークビル 牡5 57 W.ビュイック C.アップルビー
8 8 サトノクラウン 牡6 57 J.モレイラ 堀 宣行
9 9 デザートエンカウンター セ6 57 S.レヴィー D.シムコック
10 10 ベストソリューション 牡4 56.5 P.コスグレイヴ S.ビン・スルール

※馬齢は主催者発表のものを記載しております。

※エミレーツレーシングオーソリティーの競馬施行規程では、南半球産馬の加齢基準日は7月1日です(北半球産馬は1月1日)。

出走馬プロフィール

サトノクラウン(牡6歳)

美浦・堀宣行
父:Marju
母:ジョコンダ2
母父:Rossini

通算17戦7勝(うち重賞6勝)

【主な勝鞍】
[2014年]
東京スポーツ杯2歳S
[2015年]
弥生賞
[2016年]
香港ヴァーズ、京都記念
[2017年]
宝塚記念、京都記念

モズカッチャン(牝4歳)

栗東・鮫島一歩
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ

通算10戦4勝(うち重賞2勝)

【主な勝鞍】
[2017年]
エリザベス女王杯、フローラS

レイデオロ(牡4歳)

美浦・藤沢和雄
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス

通算8戦5勝(うち重賞3勝)

【主な勝鞍】
[2016年]
ホープフルS
[2017年]
日本ダービー、神戸新聞杯

その他のレース

海外競馬TOP

PAGE TOP