豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

【必読】今週の金言

2017/04/20 12:25 カテゴリ:注目

【重賞出走馬追い切り】[フローラS]フローレスマジック[マイラーズC]エアスピネル[福島牝馬S]クインズミラーグロなど

■4月23日に東京競馬場で開催されるフローラS(GII、芝2000m)に出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

フローレスマジックは、美浦ウッドコースで僚馬2頭を従えての併せ馬。序盤から軽快に脚捌きを見せると、直線に向いても後ろから来る馬に合わせる格好でまったく無理なく進み、左右からプレッシャーを掛けられたが動じることなくそれぞれに半馬身先着を果たしている。道中、そして直線とテンションが高くなるような場面はなく、リズミカルに走れており精神面に関しては文句なし。先を見据えているせいか、いささか余裕を感じる調整過程だが、この馬の競馬はできるだろう。

ディーパワンサは、2週前、1週前とコース追いでハードに攻められており体調の良さをアピールしている。輸送を控えた今週の最終追いは、栗東坂路で3歳500万下相手に終いだけ重点の内容。序盤は折り合いよく進むと、ラストの仕掛けには力強く脚を伸ばして追走先着を果たした。時計は4F54秒8-1F12秒8(一杯)。ラストにお釣りがなくなったあたり、まだ上昇の余地を感じさせるが、前走以上の状態にはありそうだ。

ホウオウパフュームは、美浦ウッドコースで田辺騎手を背に3歳オープンのイブキと併せられた。1秒以上先に行かせた相手を豪快なフットワークで追い詰め、楽な手応えを保ったまま併入。促されての反応は機敏そのもので、3カ月半ぶりとは思えない絶好の仕上がりにある。

アドマイヤローザは、先週栗東ウッドコース7Fからの併せ馬が実質の最終追い。今週は栗東坂路で柴田未騎手(レースは岩田騎手)を背に、終いだけ重点の内容をこなした。時計は4F55秒0-1F13秒3(強め)といささか平凡に終わったが、目標にした3歳未勝利馬には追走先着を果たしている。ピークにはあとひと息という印象があるが、この馬の力は出せそうな雰囲気だ。

キャナルストリートは、蛯名騎手を背に美浦ウッドコースで併せ馬を行った。3月末からじっくり乗り込まれており、ほぼ万全。この日は4Fから瞬発力に磨きを掛ける内容で、3歳未勝利馬をアオり楽に追走先着を果たしている。4カ月ぶりだった前走から大幅上昇を果たしたようだ。

■4月23日に京都競馬場で開催されるマイラーズC(GII、芝1600m)へ出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

エアスピネルは、栗東坂路で古馬500万下を追走し、終いにしっかり負荷を掛ける意欲的な内容を消化した。時計は4F52秒2-1F12秒3(一杯)をマーク。2カ月半ぶりになるがここを目標として順調に乗り込まれており、このひと追いで万全の状態に仕上がった。

ブラックスピネルは、M.デムーロ騎手を背に栗東坂路でオープン馬ダノンリバティと最終スパーリングを敢行。先行させていた相手にラスト1F過ぎに取り付くと、そこから激しい追い比べとなり最後はクビ差先着してみせた。時計は4F51」秒4-1F12秒8(一杯)と、渋った馬場状態を考えればかなりの数字。先週の追い切りではモタモタした姿を見せ仕上がり途上を感じさせたが、グンと上昇を果たしたよう。恥ずかしくない競馬はできそうな態勢だ。

イスラボニータは、2月下旬から入念過ぎるほどに乗り込まれており、心肺機能、気合い乗りともに先週の時点で申し分ない状態。最終追いは古馬500万下を目標に、反応だけを確かめる内容となったが楽々追走先着を果たして態勢万全をアピールしてみせた。さっそく力をフルに出してきそう。

ダッシングブレイズは、浜中騎手を背に栗東Cウッドで大きく先に行かせた格下馬2頭を追う内容を消化。貫禄の違いを見せ付けるように手応え圧倒でそれぞれをパスし、最先着フィニッシュを果たしている。先週のハード追いで闘争心のスイッチが入ったようで、気迫十分の走り。半年ぶりだった前走より、確実にいい状態と言える。

プロディガルサンは、この中間在厩で丹念に乗り込まれており、最終追いは古馬1000万下と美浦ウッドコースでスパー。相手を2馬身ほど先に見ながら楽な手応えで追走し、直線ではスッと内に潜り込むとそのまま体を並べてフィニッシュした。少しでも促せば、いくらでも突き放せそうな雰囲気があり、仕上がりは絶好のよう。

■4月22日に福島競馬場で開催される福島牝馬S(GIII、芝1800m)へ出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

クインズミラーグロは、美浦ポリトラックコースを単走。序盤からある程度のペースで出して行ったが、終いもしっかり加速し5F66秒8-1F11秒7(馬なり)の好時計を叩き出した。2カ月ぶりだった前走を使われ、上積み顕著。

フロンテアクイーンは、先週の併せ馬が実質の最終追い。輸送を控えている今週は、北村宏騎手が美浦ウッドコースで反応を確かめる程度の内容となった。時計こそ平凡だが鞍上との息はぴったりで、リラックスムードで進んだ道中の雰囲気は好感が持てるもの。精神面で若さを見せた前走時から、かなりの進境がありそう。

ロッカフラベイビーは、津村騎手を背に美浦ウッドコースで3頭併せ。道中落ち着いて進み、直線では脚色最優勢でそれぞれと併入を果たしている。4カ月ぶりの前走を快勝した反動は感じられず、高いレベルの好調を維持と見ていい。

■[お友だち3万人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ


▽【関連リンク】
★★★さらに快適に! 無料の【UMAJINアプリ】Android版&iOS版 最新バージョン配信中!★★★
■驚異の新指数【WINDEX】皐月賞・勝ち馬アルアインを上位指名! 日曜福島8Rでは4万7120円をズバリ!
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP