豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

【必読】今週の金言

2017/03/21 14:58 カテゴリ:注目

【今週の重賞】[高松宮記念]いよいよ本格化 メラグラーナがGI獲り狙う

■3月26日、中京競馬場で春のスプリント王決定戦・高松宮記念(GI、芝1200m)が行われる。

メラグラーナ(牝5、栗東・池添学)は、オープン昇級初戦だった京阪杯こそ道悪馬場に苦労して14着に沈んだが、続くラピスラズリSを快勝。オープンクラスでの初勝利を飾ると、前走オーシャンSで重賞初制覇を成し遂げた。ラピスラズリSが中1週の中山遠征、オーシャンSが3カ月ぶり、と近2走いずれも楽ではない環境下で連勝を収めており、南半球産の遅生まれ馬が、ここへ来ていよいよ本格化を果たした印象。今回のメンバー構成なら主役視されていいだろう。中京芝1200mでの勝利経験があるのも強みだ。中2週になるが、先週終いだけ重点とは言え栗東坂路で時計を出せており、まずは順調だろう。

レッドファルクス(牡6、美浦・尾関)は、芝とダート兼用で走り続けてきておりオープン級での初勝利は昨年5月の東京ダート1400m戦・欅Sだった。続く7月の芝スプリント戦・CBC賞を快勝し、重賞初挑戦初制覇を成し遂げると、勢いそのままに秋のスプリンターズSを制覇。一気にGI馬の座へ駆け上がってみせた。今回は香港スプリント以来3カ月となるが、スプリンターズSも3カ月ぶりのレースで、ぶっつけでも力を出せるタイプ。CBC賞含め中京芝では3戦して3勝と、コース適性も抜群なだけに勝ち負けは必至の状況か。香港遠征の疲れは癒えたようで、3月上旬から順調にメニューを消化。1週前は美浦ウッドコースを長めから追われ、古馬1000万下と併入している。手応えで若干見劣ったが、1秒以上の追走差があったものでそこまで気にしなくていいだろう。このひと追いでグンと良くなってきそうだ。

2015年の桜花賞馬レッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田)は、昨年夏に函館スプリント、キーンランドCと走りそれぞれで3着。昨年秋のスプリンターズSは、着順こそ9着だったもののタイム差は勝ち馬から0秒2で、上がり3Fは最速だった。スプリント適性は相当高そうだ。前走、芝1400mの京都牝馬Sを制し久々の美酒。勢いに乗り、2つめのGI制覇に臨む。中間の調整は順調で、1週前調教では岩田騎手を背に、栗東坂路4F50秒4(一杯)の好時計を叩き出した。ひと息入っていた前走を快勝した反動はなく、型通り上向いている。

シュウジ(牡4、栗東・須貝)は、豊かなスピードを武器に2歳時に小倉2歳Sを制覇。昨夏の北海道シリーズではスプリント重賞で連続2着に入り、スプリンターズSでは勝ち馬にアタマ+クビ+クビ差の4着、そして暮れの阪神Cで2つめの重賞勝ちを果たした。前走阪急杯では人気を裏切り8着に終わったが、極端にイレ込んでしまい、まったく力を出せなかったもの。その前走で“ガズ抜き”ができたと考えれば、走りやすい1200mに戻る今回、一気の逆襲があって驚けない。前走後は厩舎に置かれ、丹念に調整されている。川田騎手が跨った1週前追いでは栗東坂路で4F51秒2-1F11秒7(一杯)をマーク。常に時計が出る馬ではあるが、それを差し引いてもラスト1Fの伸びは秀逸。良化は顕著だ。

トーキングドラム(牡7、美浦・斎藤誠)は、3走前に準オープンを勝ち上がり、オープン初挑戦だった2走前の洛陽Sで4着、そして前走阪急杯で重賞初勝利を果たした。ここへ来て道中の操縦性が向上し、しっかり脚が溜まった状態で直線に向かえるようになったのが、目下の充実に繋がっているよう。ベスト距離は1400m?マイルという感があり、当初陣営は不参戦を表明していたがこの相手関係なら、ということで一転参戦に。混戦模様のなか、上がりを要する展開となれば一瞬の切れ味を活かし、浮上してくるシーンは十分に考えられる。放牧を挟んで、先週木曜日に美浦ウッドコースで中間の初時計。終い重点に追われ素軽く伸びており、緩んだ雰囲気はない。一連の好調持続。

フィエロ(牡8、栗東・藤原英)は、展開不問で堅実に伸びてくる末脚を武器にマイルGIで2着2回、3着が1回。重賞勝ちはないものの、その底力には警戒が必要だろう。1200m戦は初挑戦になるがスワンS、阪神Cで再三好走しており、あとひと押しがあれば対応できるはずだ。今回は3着だった京都金杯以来、2カ月半ぶりのレース。2月下旬から入念に乗り込まれており質、量ともに充実の稽古を消化している。内田騎手が駆け付けた先週の栗東坂路追いでは、自己ベストを2秒以上短縮する4F49秒2という超抜時計を叩き出した。8歳にして衰えは感じられず、絶好の雰囲気。

■[お友だち3万人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ


▽【関連リンク】
★★★さらに快適に! 無料の【UMAJINアプリ】Android版&iOS版 最新バージョン配信中!★★★
■驚異の新指数【WINDEX】日曜阪神10R「但馬S」で3連単5万4440円をズバリ!
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP