UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2019/08/18  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】キーンランドC(GIII)を徹底分析!

サマースプリントシリーズ第5戦。2014年から1着馬にはスプリンターズSの優先出走権を与えられるようになり、秋のGIを占う意味でも重要な一戦である。ここでは函館施行だった2013年を除く過去10年のデータからその狙いどころを探っていこう。

まずは、人気面から見ていく。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【2.3.2.2】
勝22.2%/連55.6%/複77.8%
・2人気/【3.1.0.5】
勝33.3%/連44.4%/複44.4%
・3人気/【2.0.1.6】
勝22.2%/連22.2%/複33.3%
・4人気/【0.1.2.6】
勝0.0%/連11.1%/複33.3%
・5人気/【0.0.2.7】
勝0.0%/連0.0%/複22.2%
・6人気/【0.2.0.7】
勝0.0%/連22.2%/複22.2%
・7人気/【0.0.0.9】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気/【1.0.1.7】
勝11.1%/連11.1%/複22.2%
・9人気/【0.1.1.8】
勝0.0%/連11.1%/複22.2%
・10人気以下/【1.1.0.54】
勝1.8%/連3.6%/複3.6%

1人気は連対率55.6%、複勝率77.8%。馬券に絡まなかったのは2010年と2017年のみで、ほとんど好走しているといっていい。2人気も1人気に劣らない成績で、勝率は1人気を上回っている。過去9回で1、2人気が馬券に絡まなかった年はなく、連対という意味でも2015年以外はどちらかが必ず連に絡んでいるのが特徴だ。ただし、上位人気の信頼度は高いが、3連単は10万超馬券が3回、7万馬券が1回出ており、決して堅く収まりやすい重賞ではない。その証拠に2ケタ人気は過去9回で2回、7~9人気は4回馬券に絡んでおり、下位人気を軽視するのは危険だ。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・函館スプリントS/【4.1.3.20】
勝14.3%/連17.9%/複28.6%
・アイビスSD/【1.1.1.12】
勝6.7%/連13.3%/複20.0%
・UHB賞/【1.1.1.43】
勝2.2%/連4.3%/複6.5%
・NHKマイルC/【1.0.0.3】
勝25.0%/連25.0%/複25.0%
・マイラーズC/【1.0.0.1】
勝50.0%/連50.0%/複50.0%
・CBC賞/【0.2.1.5】
勝0.0%/連25.0%/複37.5%
・函館日刊スポーツ杯/【0.1.0.2】
勝0.0%/連33.3%/複33.3%
・安田記念/【0.1.0.2】
勝0.0%/連33.3%/複33.3%
・ヴィクトリアM/【0.1.0.2】
勝0.0%/連33.3%/複33.3%
・高松宮記念/【0.0.2.1】
勝0.0%/連0.0%/複66.7%
※日程や条件が大きく変わったレースは省略。UHB賞はUHB杯を含む。

過去の出走数を考えても、函館スプリントS、アイビスSD 、UHB賞が三大ステップ。このうち最も安定感が高いのは、3着以内馬8頭の函館スプリントS組で、好走条件は3着以内。アイビスSD組は昨年久々に好走馬が出た。軸にはしづらいが、着順不問で相手には入れておきたい。UHB賞組は一昨年12人気で優勝し、2009年も13人気が2着に激走しており、穴を狙うならこの組か。好走馬よりも、5~9着の馬が狙い目だ。ほかでは、春のGI組も悪くない成績。【1.2.2.8】で、一昨年も2頭が2、3着に入っている。好走の目安は好走組よりも5着以下がいい。

本レースは牝馬の活躍が目立っているのも特徴のひとつ。そこで、好走した牝馬を調べてみると、

■3着以内牝馬の重賞実績と年齢
[2009年]
3着グランプリエンゼル
【1.0.1.0】(3歳)

[2010年]
1着ワンカラット
【2.2.1.11】(4歳)
3着ベストロケーション
【0.1.0.3】(5歳)

[2011年]
1着カレンチャン
【2.0.0.1】(4歳)

[2012年]
該当馬なし

[2014年]
1着ローブティサージュ
【1.2.1.7】(4歳)
2着レッドオーヴァル
【0.1.1.6】(4歳)

[2015年]
1着ウキヨノカゼ
【1.1.0.0】(5歳)
2着トーホウアマポーラ
【1.0.0.7】(6歳)

[2016年]
1着ブランボヌール
【1.0.2.3】(3歳)
3着レッツゴードンキ
【1.2.3.7】(4歳)

[2017年]
2着ソルヴェイグ
【2.0.1.5】(4歳)
3着ナックビーナス
【0.1.0.4】(4歳)

[2018年]
1着ナックビーナス
【0.2.3.6】(5歳)
3着ペイシャフェリシタ
【0.0.0.5】(4歳)

3着以内に入った牝馬14頭中13頭に重賞連対歴があった。夏は牝馬というが、仮に条件戦やオープン特別を連勝してきても、重賞実績のない馬では厳しい。また、重賞実績のあった牝馬13頭中10頭には、重賞3着以内の経験が2回以上あった。実績豊富な牝馬を狙うのがベターだ。なお、好走している牝馬のほとんどは4~5歳で、7歳以上は馬券に絡んだことがなく狙えない。

最後に枠番傾向を見ていこう。

■枠番別成績
(全3着以内数に対する当該枠番の割合)
・1枠/【0.0.0.15】/0.0%
・2枠/【1.0.3.11】/14.8%
・3枠/【0.2.0.15】/7.4%
・4枠/【2.2.0.14】/14.8%
・5枠/【1.1.2.14】/14.8%
・6枠/【3.1.1.13】/18.5%
・7枠/【1.1.3.13】/18.5%
・8枠/【1.2.0.15】/11.1%

1枠はまったく馬券に絡んでおらず、たとえ人気馬でも狙えない。ほかはすべて好走馬が出ているが、数字的にいいのが6枠と7枠だ。ただし、追い込み馬は1頭も3着以内がないので要注意。次にいいのが、4枠と5枠。こちらは圧倒的に先行馬が多かった。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち6万2000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

PAGE TOP