会員ログイン

ログインID
パスワード

次回から自動でログインする

※ログインID・パスワードを忘れた場合

無料でかんたん!メールアドレス登録で極秘情報GET!

???T???????[?X

海外競馬
馬市ドットコム

 スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play

競馬情報完全網羅!UMAJIN最強リンク

コラム

2017/10/09  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】秋華賞(GI)を徹底分析!

3歳牝馬GIの最終戦。オークスを制したソウルスターリングが出走せず、トライアルのローズSでは上がり馬が台頭。混戦であることは間違いなく、予想はかなり難解といっていいだろう。ここでは過去10年のデータから馬券のヒントを探っていく。

まずは人気面から。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【3.1.3.3】
 勝30.0%/連40.0%/複70.0%
・2人気/【3.2.1.4】
 勝30.0%/連50.0%/複60.0%
・3人気/【3.1.0.6】
 勝30.0%/連40.0%/複40.0%
・4人気/【0.1.1.8】
 勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・5人気/【0.1.0.9】
 勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・6人気/【0.1.1.8】
 勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・7人気/【0.2.0.8】
 勝0.0%/連20.0%/複20.0%
・8人気/【0.1.2.7】
 勝0.0%/連10.0%/複30.0%
・9人気/【0.0.0.10】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・10人気以下/【1.0.2.86】
 勝1.1%/連1.1%/複3.4%

昨年こそ1人気は10着に大敗したが、複勝率70%が示すように馬券圏外に考えにくい。ただし、連対となると微妙で、2・3人気とほぼ変わらない数字で、信頼度がかなり落ちることを覚えておきたい。上位人気で最近好調なのは2013年、2014年、2016年に優勝している3人気だ。過去5年で3勝はなかなかのもので、アタマ固定で勝負するのもアリ。また、常に大荒れだった昔とは違い、最近は2ケタ人気が不調。3着が2度あるだけで、馬券にはめったに絡んでこない。無謀な穴狙いは危険だ。

次にステップ面を見ていこう。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・ローズS/【7.8.4.58】
 勝9.1%/連19.5%/複24.7%
・紫苑S/【2.1.0.42】
 勝4.4%/連6.7%/複6.7%
・クイーンS/【1.0.1.5】
 勝14.3%/連14.3%/複28.6%
・夕月特別/【0.1.0.6】
 勝0.0%/連14.3%/複14.3%
・シリウスS/【0.0.1.1】
 勝0.0%/連0.0%/複50.0%
・宝塚記念/【0.0.1.0】
 勝0.0%/連0.0%/複100%
・札幌記念/【0.0.1.0】
 勝0.0%/連0.0%/複100%
・甲武特別/【0.0.1.0】
 勝0.0%/連0.0%/複100%
・ムーンライトH/【0.0.1.0】
 勝0.0%/連0.0%/複100%
※紫苑SはOP特別時代を含む。

連対馬20頭中15頭、3着以内30頭中19頭が該当し、さらに昨年以外は3着以内に最低2頭は入線しているローズS組の取捨はもっとも重要なポイント(昨年にしても1頭は3着に入っている)。ローズSでの着順に関しては、本番で3着以内に入った19頭中14頭が3着以内。4着以下から巻き返した馬は5頭いるが、このうち2頭がGI馬で、2頭がGII・GIIIの勝ち馬、残る1頭がOP特別勝ち馬と、いずれもハイレベルな舞台での実績がある馬たちだった。その他、夏のクイーンSから直行して好走した馬はいずれもその1着馬で、古馬相手に勝つくらいの能力がなければ通用しない。また、関東のトライアル・紫苑S組はどうか。OP特別時代は2014年のショウナンパンドラ以外全滅と、データ上ではかなり分が悪かった。しかし、昨年GIIIに昇格すると、いきなり2頭の連対馬を輩出。重賞になったことで勢いがつく可能性があり、今年も注目して損はなさそうだ。OP時代も含めると、狙い目はそこで3人気以内かつ2~5着だった馬。最後に、前走で古馬相手の条件で互角の勝負(1着が理想だが負けても勝ち馬とタイム差なしならOK)をした馬も要注意だ。

次に脚質面。

■脚質別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・逃げ/【0.1.1.9】
 勝0.0%/連9.1%/複18.2%
・先行/【2.2.2.29】
 勝5.7%/連11.4%/複17.1%
・差し/【8.4.7.62】
 勝9.9%/連14.8%/複23.5%
・追込/【0.3.0.49】
 勝0.0%/連5.8%/複5.8%

京都の平坦内回りで直線も短いだけに逃げ・先行が有利に思えるが、実際は差し馬の好走が目立っている。ここで好走するには、一瞬で前を捕えることができる瞬発力が必要なのだろう。そこで、過去の上位馬の「上がり2位以内を記録したレース」を調べてみると、

■3着以内馬の芝の上がり実績
(2位以内のレース数/最速上がり)
[2007年・良]
・ダイワスカーレット
(6戦中3回/33秒6)
・レインダンス
(11戦中5回/33秒0)
・ウオッカ
(8戦中6回/33秒0)

[2008年・良]
・ブラックエンブレム
(8戦中3回/34秒5)
・ムードインディゴ
(8戦中3回/34秒1)
・ブロヴィナージュ
(なし/35秒6)

[2009年・良]
・レッドディザイア
(5戦中5回/33秒7)
・ブロードストリート
(7戦中4回/33秒8)
・ブエナビスタ
(7戦中7回/33秒3)

[2010年・良]
・アパパネ
(8戦中3回/33秒6)
・アニメイトバイオ
(10戦中5回/33秒8)
・アプリコットフィズ
(6戦中2回/34秒2)

[2011年・稍重]
・アヴェンチュラ
(5戦中4回/34秒1)
・キョウワジャンヌ
(9戦中3回/32秒7)
・ホエールキャプチャ
(9戦中7回/33秒8)

[2012年・良]
・ジェンティルドンナ
(7戦中4回/33秒2)
・ヴィルシーナ
(7戦中2回/33秒2)
・アロマティコ
(9戦中5回/33秒2)

[2013年]・良
・メイショウマンボ
(8戦中4回/34秒3)
・スマートレイアー
(4戦中3回/32秒8)
・リラコサージュ
(8戦中2回/33秒9)

[2014年・良]
・ショウナンパンドラ
(8戦中5回/33秒0)
・ヌーヴォレコルト
(7戦中2回/33秒6)
・タガノエトワール
(3戦中3回/33秒3)

[2015年・良]
・ミッキークイーン
(6戦中5回/33秒7)
・クイーンズリング
(6戦中3回/33秒7)
・マキシマムドパリ
(8戦中6回/33秒9)

[2016年・良]
・ヴィブロス
(6戦中3回/34秒2)
・パールコード
(5戦中1回/34秒6)
・カイザーバル
(8戦中3回/33秒1)

3着以内馬30頭中22頭が、本番までに33秒9以内の上がりをマークしていた。さらに、その22頭中11頭は33秒4以内の上がりを記録しており、やはり最後の3Fで一気に時計を詰めてくる馬がいい。また、3着以内馬30頭中18頭は、本番までに「上がり2位以内だったレース」が戦績の半分以上を占めていた。取捨に迷ったら、どれだけ安定して末脚を繰り出しているかも注目しておこう。

■[お友だち4万5000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■3歳牝馬GI最終戦「秋華賞」攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP