豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2017/06/18  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】宝塚記念(GI)を徹底分析!

夏競馬は始まっているが、春競馬の総決算・宝塚記念。グランプリレースだけに過去の勝ち馬には多くのスターホースが並んでいるが、ここで初GI勝ちという馬も少なくない。今年の栄冠を勝ちとるのはGI実績馬かそれとも新星か。ここでは過去10年のデータを踏まえ、その狙いどころを探っていこう。

まずは人気面から見ていきたい。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気【2.4.2.2】
 勝20.0%/連60.0%/複80.0%
・2人気【2.2.1.5】
 勝20.0%/連40.0%/複50.0%
・3人気【1.1.2.6】
 勝10.0%/連20.0%/複40.0%
・4人気【0.0.1.9】
 勝0.0%/連0.0%/複10.0%
・5人気【1.1.0.8】
 勝10.0%/連20.0%/複20.0%
・6人気【2.0.1.7】
 勝20.0%/連20.0%/複30.0%
・7人気【0.0.0.10】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気【2.0.1.7】
 勝20.0%/連20.0%/複30.0%
・9人気【0.1.0.9】
 勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・10人気以下【0.1.2.58】
 勝0.0%/連1.6%/複4.9%

1人気は連対率60%、複勝率80%とかなり信頼できる。ただ、勝率はそうでもなく、勝ち切るとなると微妙だ。2人気も勝率こそ20%だが、連対率40%、複勝率50%と及第点。他人気は、実力馬が集結しているためか、それほど差はない。つまり、2ケタ人気でも馬券に絡む可能性は十分にあるということ。なお、多頭数になることはほとんどないのも関係しているが、12人気以下は馬券に絡んだことがないので覚えておきたい。ピンポイントで狙うなら、過去10年で2勝している6人気と8人気。

次にステップ面はどうか。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・天皇賞・春【4.3.2.32】
 勝9.8%/連17.1%/複22.0%
・鳴尾記念【1.2.1.9】
 勝7.7%/連23.1%/複30.8%
・目黒記念【1.0.1.17】
 勝5.3%/連5.3%/複10.5%
・QエリザベスII世C【1.1.0.3】
 勝20.0%/連40.0%/複40.0%
・メトロポリタンS【1.0.0.0】
 勝100%/連100%/複100%
・ヴィクトリアM【0.2.2.6】
 勝0.0%/連20.0%/複40.0%
・ドバイSC【0.1.1.4】
 勝0.0%/連16.7%/複33.3%
・安田記念【0.0.1.7】
 勝0.0%/連0.0%/複12.5%
※日程や条件が大きく変わったレースは省略。

二大ステップといえるのが天皇賞・春と鳴尾記念。天皇賞・春組が馬券に絡まなかったのは2010年のみで、それ以外の9年はすべて馬券になっている。天皇賞・春での着順はとくに気にすることはなく、10着以下からの巻き返しもあるので要注意。また、天皇賞・春と宝塚記念の連覇はここ10年ではディープインパクトのみ。メイショウサムソンのように1着→2着というパターンはあるものの、よほどの馬でない限り、春天馬は頭からは買いづらい。

一方、春天組にも増して好調なのが鳴尾記念組だ。前哨戦が金鯱賞だった時も【2.1.2.12】と重要なステップレースだったが、当レースが2012年に再度、前哨戦になってからというもの、毎年1頭は同組から好走馬を出している。しかも2012年以降、最先着馬は【1.2.0.1】と好調で、唯一勝ち馬(トゥザグローリー)が着外に敗れた2012年も、2着馬のショウナンマイティが3着に好走。鳴尾記念組は最先着馬も含め、上位好走馬は積極的に買っておきたい。

また、その他のステップで注目なのは4頭が馬券に絡んでいるヴィクトリアM組。だが、好走したのはGI馬のみで、かの名牝ブエナビスタでも2着までだったように、この路線は意外にハードルが高いのが現状。さらに海外GI経由組に関しては、ドバイよりも香港組に分がある印象。というのも、過去10年で2カ月半以上の間隔を開けて連対した馬はおらず、2013年にドバイSC経由のジェンティルドンナが唯一3着したのみ。国内外のレース問わず、前走から2ヵ月半以上開いている馬は、実績馬でも割り引く必要はありそうだ。

梅雨時に開催されるため、馬場悪化の懸念は常につきまとう。また、阪神の芝コースは良馬場でも時計がかかりやすく、スピードだけでなくパワーも必要。さらに同レースは内回りで行われるため、器用さも求められる。実際、過去10年の3着以内馬の阪神芝内回り実績を見てみると、

■3着以内馬の阪神芝内回り実績(重賞実績)
[2007年]
・アドマイヤムーン
 未勝利(GIII2着)
・メイショウサムソン
 2勝(大阪杯1着)
・ポップロック
 3勝(なし)

[2008年]
・エイシンデピュティ
 2勝(GII2着)
・メイショウサムソン
 2勝(GII1着)
・インティライミ
 2勝(GIII1着)

[2009年]
・ドリームジャーニー
 2勝(大阪杯1着)
・サクラメガワンダー
 2勝(GIII1着)
・ディープスカイ
 未勝利(GII2着)

[2010年]
・ナカヤマフェスタ
 未出走
・ブエナビスタ
 未出走
・アーネストリー
 未勝利(なし)

[2011年]
・アーネストリー
 未勝利(GI3着)
・ブエナビスタ
 未勝利(GI2着)
・エイシンフラッシュ
 1勝(GII3着)

[2012年]
・オルフェーヴル
 未勝利(GII2着)
・ルーラーシップ
 1勝(なし)
・ショウナンマイティ
 1勝(GII1着)

[2013年]
・ゴールドシップ
 1勝(GII1着)
・ダノンバラード
 1勝(GIII1着)
・ジェンティルドンナ
 未勝利(なし)

[2014年]
・ゴールドシップ
 3勝(GI1着)
・カレンミロティック
 未勝利(なし)
・ヴィルシーナ
 1勝(なし)

[2015年]
・ラブリーデイ
 1勝(GIII1着)
・デニムアンドルビー
 1勝(GII2着)
・ショウナンパンドラ
 未勝利

[2016]
・マリアライト
 未勝利(GIII2着)
・ドゥラメンテ
 未出走
・キタサンブラック
 未勝利(GII2着)

3着以内馬30頭中22頭には、阪神芝内回りの勝利実績か、重賞3着以内実績があった。例外8頭にしても、2010年優勝のナカヤマフェスタと2015年2着のドゥラメンテは阪神コースを経験したことがなく、残りの6頭全馬は内回りの実績こそなかったが、外回りの勝利実績はあった。出走馬のコース適性は把握しておくことが的中への近道だ。

最後に脚質面を見てみよう。

■良馬場・脚質別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・逃げ【0.0.1.5】
 勝0.0%/連0.0%/複16.7%
・先行【4.4.1.15】
 勝16.7%/連33.3%/複37.5%
・差し【1.0.3.24】
 勝3.6%/連3.6%/複14.3%
・追込【1.2.1.23】
 勝3.7%/連11.1%/複14.8%

■稍重?重馬場・脚質別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・逃げ【1.0.1.2】
 勝25.0%/連25.0%/複50.0%
・先行【0.3.2.13】
 勝0.0%/連16.7%/複27.8%
・差し【3.1.1.20】
 勝12.0%/連16.7%/複20.0%
・追込【0.0.0.19】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
※過去10年で不良馬場はなし。

良馬場時は先行馬が圧倒的有利だが、稍重?重馬場時はそれが分散。逃げにも差し馬にもチャンスが出てくる。ただし、稍重?重馬場時は追込馬の台頭がまったくない。良馬場でもタフな馬場がさらにタフになるので追い込むのは至難の業ということか。狙うのは避けたほうがよさそうだ。いずれにしても傾向は変わるので、当日の馬場状態は要チェックだ。

■[お友だち4万人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■昨年は8人気の伏兵牝馬・マリアライトを抜擢!「宝塚記念」攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP