豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2017/08/26  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の重賞・メイン「馬体診断予想」」

吉岡司の馬体診断予想「キーンランドC」/「新潟2歳S」

●●●●吉岡司の馬体診断予想「キーンランドC」●●●●

傾向
夏場のレースだけに近況成績がいい馬の好走例が多い。過去10年間で前走掲示板を外していた勝ち馬は2頭いるが、GII戦若しくはGI戦を戦っていただけに大目に見るべき。GIII戦やオープン特別で着外に敗れていた馬の評価を下げるべきだろう。また、牝馬の勝ち馬は7頭おり、近4年連続で勝利をモノにしている。「夏は牝馬」の格言を地で行くような傾向にある。

パドック状態と今回の着目点

■イッテツ
UHB杯時の6キロ減は絞れたものでいい傾向だ。札幌の芝は6戦して3勝と得意の部類。当日イレ込んでいなければ持ち得る力を発揮できるだろう。

■エポワス
UHB杯は勝負どころで他馬と接触してバランスを崩したのが敗因。度外視していい。中間の動きは良く9歳馬とは思えないほどの域。前回パドックで見せたような推進力のある歩様、アウトラインの綺麗な造りでここも出てくるようなら巻き返せるだけのモノはある。

■シュウジ
函館SSは500キロでの出走だったが、数字通り体はキッチリできていた。2人引きだったが、ハミを噛んで仕草に活気があったし、パドックの気配も良かった。休み明けで前半を32秒2のペースで逃げては10着も仕方がない。去年このレースの2着馬だし、コース替わりは歓迎。状態云々ではなく、気分良く走れるかが一番のポイントになる。

■ソルヴェイグ
ヴィクトリアマイルでは6キロ絞った無駄肉のない馬体。私見的にはこれくらいでちょうどいいように思う。去年のこのレースでは4着に頑張っているし、コース替わりと距離短縮は歓迎。ハミを噛んで気分良さそうに周回できていれば、力を出せる仕上がりだ。

■ナックビーナス
高松宮記念は516キロでの参戦になったが、重厚感のない馬体に思えたし、前走くらいの体でちょうどいいように思う。柔らかい筋肉で見栄えがしたし、パドックの雰囲気は良かった。結果的には連戦の疲れがあったかも知れない。今回は一息入れて立て直したし、当日ハミを噛んで適度な気合い乗りで周回できていれば、力を出せると見たい。

■ネロ
首を使ってリズミカルな歩様で周回できていた前回。久々もあってか結果は出なかったが、叩いたことでガラッと変わってくる可能性がある。斤量は1キロ軽くなるし、10連対を果たしている芝1200mに替わるのは大歓迎。前向きな気持ちで周回できていれば、見直せるはずだ。
■ノボバカラ
前回は16キロも減っていたが、そう細くは感じなかったし、私見的には500キロ台を維持できていれば問題ないように思う。スタートが良くない点がミソも、そのぶん終いの脚は強烈。適度な気合い乗りで周回できていれば、力を出せる仕上がりといえる。

■ヒルノデイバロー
UHB賞がマイナス2キロの520キロでの出走になったが、マンハッタンカフェ産駒らしく、気品に富んだ馬体で見栄えがした。水平首で落ち着いて周回できていたし、仕上がり自体は良かった。元々このレースが目標だし、当日歩様に硬さがなければ再度好レースになるはず。

■フミノムーン
前走12キロ減も数字ほどは細くは思えなかったし、450キロ台を維持できていれば問題ない。首を伸ばしてしっかりとした踏み込みで周回できていた。ただ2戦目でテンションが上がる可能性もある。当日どれだけ落ち着きがあるかが、好走の条件になる。

■ブランボヌール
函館SSがマイナス6キロの440キロでの出走になったが、どこにも減った印象はなかった。むしろふっくらとした馬体で、現状では前走くらいの体で丁度いいように思う。2人引きで曳いていたが、落ち着き払って周回できていたし、精神面でも安定していた。去年も3戦連続着外続きからの勝利だし、近況の戦績は気にする必要はない。柔らかい筋肉で見栄えのする馬体に映れば、巻き返せるデキと判断していい。

■メイソンジュニア
CBC賞が480キロでの出走になったが、均整の取れた馬体に思えたし、前走くらいの馬体重でいい。スピードが身上の馬だけに、馬場が悪化したのが一番の敗因だろう。気のいいタイプだけ間隔が開いても力を発揮できるタイプ。当日イレ込みがきつくなければ体調面は問題はない。良馬場で臨めて五分のスタートを切れれば巻き返せる。

■モンドキャンノ
NHKマイルが472キロでの出走だったが、張りと柔らかみのある馬体で見栄えがした。首を伸ばして歩様にも勢いがあったし、パドックの気配は良かった。札幌競馬が初めてになるが、函館の芝1200は2戦とも連対を果たしているし、コース替わりと距離短縮は歓迎だろう。休み明けの京王杯2歳Sでも2着しているし、間隔が開いても力を発揮できるタイプ。前向きな気持ちで周回できていれば、いきなりから力を発揮できる仕上がりと思っていい。

吉岡の結論
◎ソルヴェイグ
○ヒルノデイバロー
▲フミノムーン
△1シュウジ
△2メイソンジュニア
△3モンドキャンノ


●●●●吉岡司の馬体診断予想「新潟2歳S」●●●●

傾向
過去10年間で前走から体を減らした馬の勝利はない。まずは当日の馬体重に注目だ。良馬場の場合スローの展開で上がりの速い競馬になる。レース上がりで一番遅かったのが34秒6、勝ち時計も1分34秒5が最低。歩様に軽さがあって、大きいストライドで周回できている馬を選ぶのが、新潟マイル戦の着目点になる。また2歳戦は実績よりも馬のスケールが重要。当日全馬をパッと観ていいなぁと思えた馬から馬券を買うのも面白い。

■パドック状態と今回の着目点

■オーデットエール
デビュー戦が468キロでの出走になったが、均整の取れた馬体に映ったし、現状では前走くらいの体で丁度いい。小脚を使って活気もあったし、気性的にも初戦から動けるタイプ。中間も坂路で乗り込まれているしすこぶる順調だ。あとは当日テンションガ上がっていなければ、力を出せる状態だ。

■コーディエライト
2歳未勝利戦がマイナス8キロの446キロでの参戦になったが、減った印象はなかったし、前走くらいの体で丁度いい。ハミを噛んで伸び伸びとした歩様で周回できていたし、相変わらずデキは良かった。少し間隔が開いたが、先週の坂路で52秒8をマークできていたし、態勢は整っている。まだ気性に若さが残っているだけに、当日イレ込んでいないことと、440キロを割っていないことが好走条件になる。

■シンデレラメイク
新馬戦が460キロでの出走になったが、光沢のある馬体で張りもあったし、仕上がりは良かった。中京まで輸送してもイレ込むこともなく、これなら新潟コースに替わるのも問題はないはず。距離には限界がありそうな体型だがマイルまでは守備範囲。動きに柔軟性がある馬ではないので、返し馬まで観て、歩様に硬さがないかを確認してから馬券を勝って欲しい。

■ダンツセイケイ
前走がプラス4キロの458キロでの出走になったが、これは成長分でいい傾向だ。新潟まで輸送しても落ち着いていたし、中2週での参戦とローテーションは今回の方が楽。気負うこともなくゆったりと歩けていれば、体調面は問題ない。あとは力関係になる。

■テンクウ
初戦が444キロでのデビューになったが、無駄肉のない馬体で上々の仕上がりに思えた。首を使って動きもリズミカルだったし、気性的にもいきなりから走れるタイプだ。ただ今回は叩き2戦目になるし、新潟の馬場も初めて。当日440キロを切っていないことと、テンションが上がっていないことが好走条件になる。

■プレトリア
デビュー戦が430キロでの出走だったが、いかにも仕上がり早のタイプに映った。気持ちも前向きだったし、気性的にも初戦向き。問題はどれだけ馬に成長がみられるかだ。過去10年間の勝ち馬ではエフティマイアの440キロが最低の馬体重。是が非でもプラス体重で臨みたい。また少し煩い面も覗かせていただけに、当日テンションが上がっていないことも好走条件になる。

■フロンティア
デビュー戦が454キロでの出走になったが、均整の取れた馬体に思えたし、現状では前走くらいの体で丁度いい。最後尾を2人引きで曳いていたが、ハミを噛んでほどよい気合乗りで周回できていた。中間は放牧に出したが、帰厩後は順調に乗り込まれているし、臨戦態勢は整っている。テンポのいい歩様で周回できていれば、力を出せる状態だ。

■ムスコローソ
新馬戦が492キロでの出走になったが、重目感のない馬体であらかたできていた。首を伸ばしてスムーズな歩様で周回できていたし、動きも良かった。イレ込むこともなかったし、初めての新潟コースも問題はないはず。落ち着いて歩けていれば、力を出せる仕上がりだ。

吉岡の結論
◎ムスコローソ
○フロンティア
▲プレトリア
△1コーディエライト
△2オーデットエール
△3テンクウ

■[お友だち4万4000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■これまで数々の穴馬を推奨!UMAJIN山田編集長が導く【札幌記念】の穴馬はコチラ

■【エルムS3連単&関屋記念3連複ダブル的中!】札幌記念・北九州記念のレース攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

■【あの大人気競馬マンガが電子版で登場!】やまさき拓味『優駿の門アラブレッド』はAmazonにて絶賛発売中!

PAGE TOP