豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

広告

コラム

2017/05/19  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の重賞・メイン「馬体診断予想」」

吉岡司の馬体診断予想「平安S」

●●●●吉岡司の馬体診断予想「平安S」●●●●

傾向
2013年から、それまでの1月開催から5月へと移行。その過去4年間で3着以内と好走した12頭全てに京都ダートでの勝利経験があった。グレンツェンド、ピオネロ、リーゼントロックには嫌なデータだ。また京都ダート1900mはスタートしてから1コーナーまでが長く、それだけにゆったりとした流れになりやすい。当日活気のある歩様でいかにも先行しそうな馬を1頭見つけ出し、その馬を3連複の1頭軸にして買うのも悪くない戦法で、思わぬ高配当にありつけるかもしれない。また良馬場ならパワフルな馬体の持ち主、脚抜きのいいダートなら軽快な走法で歩けている馬を重視したい。

パドック状態と今回の着目点

■アスカノロマン
前走が524キロでの出走だったが、重厚感を感じさせなかったし、520キロ台の体で丁度いい。流線型の綺麗な馬体で見栄えがした。6歳馬だけに前走からの大幅な上昇はどうかだが、今回は12戦して7連対の京都コースに替わるし、実際昨年このレースを勝っている。動きに重苦しさがなければ力を発揮できる状態だ。

■クリソライト
昨年は交流重賞を中心に使われ、韓国遠征などもあり中央場所の競馬は去年のこのレース以来となる。昨年は502キロでの出走だったが、アウトラインが綺麗で見た目は抜群だった。歩様にも勢いがあったし、動きも良かった。7歳馬だけに大幅な上がり目はどうかだが、今回も品のある馬体で歩様にも伸びがあれば、体調面は問題ない。

■グレイトパール
前走が538キロでの出走になったが、アウトラインが綺麗で見栄えのする馬体に映ったし、仕上がり自体は良かった。今回も前回と同様2カ月ぶりの競馬になるが、前走でも勝っているしなんら心配はいらない。ダート戦では4戦とも勝利を挙げ、まだ底を見せていない。そのうち3勝が京都ダート1900mと得意のコースだし、再度56キロの斤量で臨めるのも有利。今回も第一印象が良ければ力を出せる仕上がりだ。

■グレンツェント
見た目は細くは映らなかったが、前走のマイナス6キロは輸送の影響があったのかもしれない。2人引きで曳いていたが、イレ込むことはなく精神的には落ち着きがあった。58キロの斤量も2度目になるし、連対実績のある京都コースに替わる。これで当日プラスス体重で臨めれば巻き返せる状態と言える。

■ケイティブレイブ
フェブラリーSではプラス7キロ、498キロでの出走だったが、どこにも増えた印象はなかったし、500キロ前後の体で十分だ。ハミを噛んでほどよい気合乗りで周回できていて、デキそのものは良かった。京都コースで勝っているし、距離もなんら問題はない。58キロで中央馬との対戦では楽ではないが、キビキビとした歩様で周回できていれば、力を出せる状態だ。

■ピオネロ
総武Sのマイナス18キロの496キロは絞れたものだが、その前の514キロでも3着に善戦しているし、馬体重にはあまり神経質になる必要はない。脚捌きもスムーズだったし、相変わらずデキは良かった。名古屋からの遠征帰りの競馬になるが、間隔を十分開けているし、問題はない。56キロで戦えるのは有利だし、スムーズな歩様で周回できていれば、体調面は良好だ。

■リーゼントロック
巨漢馬だけに馬体重にはあまり神経質になる必要はないが、前走は過去最高体重だっただけに理想はマイナス体重だ。その前走、ハミをとって気分良さそうに周回できていたし、動きには重苦しさはなかった。6歳馬だけに大幅な上がり目はどうかだが、ゆったりと歩けていれば、いい意味での平行線だ。

■ロワジャルダン
前走がマイナス12キロとなる498キロでの出走だったがこれは絞れたもの。現状では500キロ前後の体で丁度いい。ハミを噛んでほどよい気合乗りで周回できていたし、仕上がり自体は良かった。今回は中4週で臨めるし、1度使って中身も変わってくるはず。気持の入った歩様で周回できていれば、引き続き好調だ。

■ブラヴィッシモ
前回は四肢がよく伸びていて見るからに体調が良さそうだった。当然ここも同じような姿を望みたいもの。なお、現状は500キロ前後の体で問題なし。条件クラスとはいえ過去奥多摩Sを勝っているように、コース替わりも苦にしない。本格化なった5歳春。どこまでやれるか楽しみな一戦。

■ロンドンタウン
前走が516キロでの出走になったが、どこにも重苦しさがなかったし、520キロを超えていなければ問題ない。首を使ってリズミカルな歩様で周回できていたし、パドックの気配は良かった。今回は中4週と間隔を置いて、前走の疲れは取れているはず。艶のある馬体で第一印象が良ければ引き続き好調だ。

吉岡の結論
◎グレイトパール
○クリソライト
▲グレンツェンド
△1ロンドンタウン
△2ロワシャルダン
△3ピオネロ

■[お友だち3万7000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■“旬"の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

■【あの大人気競馬マンガが電子版で登場!】やまさき拓味『優駿の門アラブレッド』はAmazonにて絶賛発売中!

PAGE TOP