豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2017/09/04  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の「注目2歳馬勝ち上がりチェック」」

[札幌2歳S]ロックディスタウン 全幅の信頼を置くには至らず [小倉2歳S]アサクサゲンキ 自在かつ堅実、距離の融通性もありそう

○9月2日(土) 札幌11R 札幌2歳S(芝1800m)
1着 ロックディスタウン C.ルメール騎手
牝2 美浦・二ノ宮厩舎

52回を数えた札幌2歳Sの覇者となったのは、1番人気に支持されたロックディスタウン。新馬戦と同じ490キロの馬体重で出走となったが、重苦しさがなく、首を伸ばしスムーズな歩様で歩けていた。2人引きではあったものの、気の荒さは見せず、返し馬でも気分良く走れていたと思う。

レースでは、ポンとゲートを出たものの、無理をせず中団からの競馬。1コーナーで首を動かし若干嫌がるような素振りを見せてはいたが、2コーナーを回る時にはぴったりと折り合いが付いていた。道中は2着のファストアプローチをマークするような形で進め、4コーナー付近で外から接近。最後は力で捻じ伏せるかのような力強い脚色を見せ勝利した。着差はクビ差だったが、レース内容は完勝と言っていい。ただし、今年の全体的なレベルはそう高くないように思う。3着に入線した道営のダブルシャープともども、まだ全幅の信頼を置くにはインパクトに欠ける印象だ。

▽【ロックディスタウン】
父オルフェーヴル
母ストレイキャット
母父Storm Cat
※半姉にファンタジーS勝ちのタガノエリザベート、クイーンC覇者キャットコインら。


○9月3日(日) 小倉11R 小倉2歳S(芝1200m)
1着 アサクサゲンキ 武豊騎手
牡2 栗東・音無厩舎

第37回小倉2歳Sを制したのは、3番人気の外国産馬アサクサゲンキだった。直前稽古では同厩舎のモズスーパーフレアと坂路で併せ、51秒6-38秒1-25秒4-12秒9を馬なりでマークしており、体調面の良さは調教内容から容易に判断できていた。パドックにはマイナス2キロの450キロで姿を現したが、細い印象などなく、むしろ数字以上に体を大きく見せていたほど。ハミをとって気分良さそうに周回できていたし、武豊騎手が跨っても何ら動じることなく、精神的にも実に安定していた。

好スタートを切ったが外枠ということもあって、好位の4番手から追走。4コーナーで先頭に並びかけ、直線しっかり脚を伸ばしての快勝だった。道中スムーズな競馬ができたのがいちばんの勝因で、1分9秒1の勝ち時計は最終日を考慮すれば悪くはない。どんなレースでもできる強みがあり、堅実に走れるタイプ。馬体を見るに距離の融通性はありそうで、短距離オンリーのイメージは浮かばない。今後も楽しめる1頭になると思う。

▽【アサクサゲンキ】
父Stormy Atlantic
母Amelia
母父Dixieland Band
※近親に阪神3歳牝馬S勝ちのヤマニンパラダイス、米GIジュライCの覇者グリーンデザートなど。

■【UMAJIN POG】2017-2018シーズン 期待の新馬ぞくぞく登場! 参加受付中!

■[お友だち4万4000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■“旬”の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

■【あの大人気競馬マンガが電子版で登場!】やまさき拓味『優駿の門アラブレッド』はAmazonにて絶賛発売中!

PAGE TOP